読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本SFの臨界点 新城カズマ 月を買った御婦人 (ハヤカワ文庫 JA ハ 11-4)

日本SFの臨界点 新城カズマ 月を買った御婦人 (ハヤカワ文庫 JA ハ 11-4)

日本SFの臨界点 新城カズマ 月を買った御婦人 (ハヤカワ文庫 JA ハ 11-4)

作家
新城カズマ
伴名練
出版社
早川書房
発売日
2021-07-14
ISBN
9784150314910
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本SFの臨界点 新城カズマ 月を買った御婦人 (ハヤカワ文庫 JA ハ 11-4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひさか

10の短編を2021年7月ハヤカワJA文庫刊。日本SFの臨界点作家シリーズ2作目。振り返ると悪くない話ばかりなのだが、核になるアイデアを繰り返すギャグや勘違いで展開する読み辛い話ばかりが続くので、食傷気味になった。伴名練さんの解説が面白い。

2021/08/31

サケ太

今まで表題作以外は「島津戦記」しか読んでいなかったが、どれも面白い。根拠のあるフィクション、これが面白かった。『ジェラルド・L・エアーズ、最後の犯行』、『月を買った御婦人』が面白い。『月を買った御婦人』は個人的に歴史改変SFが大好物なので何度読んでもいい。

2021/07/26

くさてる

その昔、昭和SFの御大たちの作品を読み漁った十代の頃を思い出しました。形式や構成、扱われているガジェットの差はあれど、発想の自由さと作品の持つ力は往時に負けず面白くて力強い。自由な発想、飛躍する想像力を楽しみました。

2021/09/15

宇宙猫

★★★ 面白かったけど、読みにくい話も多い。上手いとは思うんだけどな。

2021/10/21

緋莢

10編が収録されています。表題作は、19世紀後半のメキシコ帝国。美しい公爵令嬢が結婚の条件として、“月”を求めた事から、技術開発競争が起きて…というストーリー。 昨年刊行された伴名練 編『日本SFの臨界点 恋愛篇』にも収録されています。古代都市スパルタの歴史と近未来で、自らの個人情報を売る少女たちの姿を書いた「アンジー・クレーマーにさよならを」、情報圏“セカイ”、その最後を見物する様を書いた「世界終末ピクニック」、困窮を打開するためにとある一家が取った行動は「架空人」となるという「雨ふりマージ」など(続く

2021/08/15

感想・レビューをもっと見る