読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)

作家
コンラート・ローレンツ
Konrad Lorenz
日高敏隆
出版社
早川書房
発売日
1998-03-01
ISBN
9784150502225
amazonで購入する Kindle版を購入する

ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

とっても魅力的なタイトルなのだが、ドイツ語原典では「彼は獣や鳥や魚と話す」である。英語版は"King Solomon's Ring"だから、日本語版はこちらから。どちらのタイトルにするかで売れ行きは随分違っていただろう。内容は、副題にもある通り動物行動学の入門書だ。本書はローレンツ自身が観察した豊富な実例に満ちている。中でも驚くのは、魚でさえもどうやら考えて行動しているらしい例の見られることだ。トゲウオの場合がそれだ。また、「エントツソウジガキマシタヨー」とわめくコクマルガラスの例も微笑ましい。

2013/08/08

小梅

大好きな日髙敏隆先生の書籍の中で紹介されていたので辿り着いた本。ノーベル賞を受賞されてる、鳥の刷り込みを発見したコンラート・ローレンツ博士の動物行動学入門。動物を観察してる博士の姿が見えるようだった。特にコクマルガラスの記述と、ジャッカルとオオカミの違いによる其々の系統の犬の習性の違いの記述が興味深かった。訳者である日髙敏隆先生が博士との合流の様子をあとがきに書いていて、これがまた良いんだなぁ〜

2014/07/26

ゆのん

以前から気になっていたNHKの『100分de名著』を8月からテキストを購入し視聴し始めた。次回は『ソロモンの指環』ということで購入し読んだ。著者は動物行動学の権威でノーベル生理学医学賞受賞者。難しい内容かと幾分緊張して読み始めたのだが非常に楽しい本だった。特に『ハイイロガン』『コクマルガラス』はあまりの鳥達の可愛さに微笑みながら読んでしまう。著者の研究者として観察するだけではなく動物に対する大きな愛情は素晴らしく、その愛情に応える動物達の純粋さと必死さは胸を熱くさせる。

2018/08/12

s-kozy

以下162頁から。「心のかよう友情がイヌにとってはすべてである。しかしそれは少なからぬ義務を伴う(略)なぜなら忠実なイヌとの友情は、ひとたびなりたったらもはや断ちがたいものだからである。彼を手ばなすことは殺人にもひとしい」。ようやく読めた動物行動学の古典的名著。どうしてもっと早く読まなかったんだろう。全く堅苦しくなく楽しんで読むことができた。鳥や動物たちに対するローレンツの真摯な態度、温かな視線が感じられるのもいい。日々飼い犬(アイコンの彼ね)に慰められている者として、冒頭の引用を改めて肝に銘じたい。

2016/06/14

ごへいもち

こういうのを名著というんだろうなぁと思った。しかも楽しい。長く読み継がれていってほしい。彼の学問的価値が多少減じたとしても。

2012/04/12

感想・レビューをもっと見る