読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

作家
マイケル・サンデル
Michael J. Sandel
鬼澤 忍
出版社
早川書房
発売日
2011-11-25
ISBN
9784150503765
amazonで購入する Kindle版を購入する

これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

古今東西の哲学の賢人の話をこれでもかと集めてきた。正義とは何か、時代と場所によって異なっている。小さな国の中で閉じていられた時代は終わり、科学技術も日進月歩。古い直感に従っただけの正義は通用しなくなりつつある。それはそうだろう。人間の心の底にある正義感は、人類の歴史の99%を占める狩猟採集民時代に脳内に設計された価値基準に基づいている。法律の様に意図して設計するのは難しい。でも誰かがやらないと時代はどんどん進んでいく。これからどういう時代が訪れるか楽しみになったが、恐ろしくもなった。

はっせー

かなり難しかったが面白かった! マイケル・サンデルの文章がとにかく分かりやすかった。哲学はかなり難解な学問だが頭に入りやすかった。だが、やはり全部をしっかり理解することができなかった。なのでまた再読したいと思った。特にこの本で気になったのはカント哲学である。今まであまり触れられてこなかったものだがこの本を読んでみてかなり興味を持った。なのでカントの本も読んでみたいと思った!

2019/05/16

はっせー

ハーバード大学で人気の講義を知っていますか?マイケル・サンデルさんも人気の講義を行っている。その名は「JUSTICE」正義だ。この本はマイケル・サンデルさんの講義をもとに私達読者に正義について考えて機会を与える本になっている。アリストテレス。功利主義。カント。リバタリアン。コミュニタリアニズム。現代正義を理解するために必要なものが噛み砕いて理解出来るように書かれている。どの考え方が一番しっくりするか。またどの考え方が一番理解出来ないか。そんなことを考えることが正義を考えることだと思ったのである!

2022/02/21

ケンイチミズバ

イラクが大量破壊兵器を持っている。と同じ口調でウクライナが化学兵器を開発していると言い出した。ブッシュの時のでっち上を手本にしたもの。ロシア軍が撃破される映像に溜飲が下がる。これはいつか見た光景。ソビエトが供与したミサイルで火だるまのB29。北爆のニュース。小学生なりにざまあみろと思った。あの頃は自由主義か共産主義かで争った。もうそんな時代じゃない。独裁者の野望による侵略には絶対に打ち勝たなくては世の道理が成り立たない。力で弱者を思い通りにする行為がまかり通ってはならない。早く失脚しろプーチンコ野郎。

2022/03/11

鱒子

ハーバード白熱教室でお馴染み、マイケル サンデル教授の本。ジャスティス、正義、わたしの苦手な言葉。これを大声で叫ぶのは現時点ではサンシャイン池崎氏のみでしょう。もちろん本書は、通り一辺倒のご都合主義のペラペラ正義から更に深掘りした内容。所属する国、その中でも居住地や出身地、思想や信仰する宗教など、多次元的社会に生きるわれわれ。共通する価値基準として、意見が一致しないのは当然。では、共通の善として何を捉えるべきなのか。それを考えるための本。

2021/02/23

感想・レビューをもっと見る