読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

再起 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-41)

再起 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-41)

再起 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-41)

作家
ディック・フランシス
北野寿美枝
出版社
早川書房
発売日
2008-11-07
ISBN
9784150707415
amazonで購入する Kindle版を購入する

再起 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-41) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タツ フカガワ

2000年の夫人の死から筆を絶っていたD・フランシスが6年ぶりの“再起”に伴ったのが隻腕の探偵シッド・ハレーというのがうれしい。シッドが手掛ける調査は競馬の八百長疑惑と、それに関わる殺人事件で、読み始めたらページを捲る手が止まらない展開のうまさはお見事の一言。なによりシッドの魅力が格別で、これがシリーズ最終巻というのがなんとも寂しい。

2020/11/03

たいぱぱ

シリーズ物みたいですが、初めて読む作家さんです。図書館のリサイクルコーナーにあったので何となく読んでみました。うん、洋探偵モノにありがちな、ストーリーはそれなりに面白いけど、登場人物にイマイチ感情移入できないパターンでした。純粋に謎解きを楽しむタイプ。読後、これまたありがちに、シングルモルトをクールに飲みたくなってきた。

2013/08/16

ふみふみ

不屈の男シッド・ハレーの第四作は恋人が脅迫のターゲットに。まあ内容の方はシッドに彼の理解者たる恋人ができてキャラがすっかり落ち着いてしまい二作目までの強烈なテンションが失われてしまっていることもあり競馬シリーズでは標準レベルの一作品の印象ですね。勝つためにすごく自分に対して厳しく冷酷で、自分自身の為に作り出した煉獄のような人生を生きている(先妻ジェニイ談)主人公シッド・ハレーを最後は幸せな普通の男で終わらせてあげたかった著者の配慮でしょうか。

2020/01/11

ケイスケ

いつもながら面白い。シッド・ハレーものしか読んで無いがどれも面白かった。今回はマリーナのキャラ最高。マリーナとジェニイの関係最高。シッド・ハレーものはこれが最後らしいがはっぴいえんど。

2017/07/06

ホレイシア

シッド・ハレーくんのシリーズ第4弾。自分と同等の男らしさ、もとい強さを持った女性とめぐり合えてよかったね。ただ、このシリーズは読んでて痛いのよね。ネット用語の「痛い」じゃなく、今回は撃たれたり撃たれたり撃たれたり(笑)。幸いめでたしめでたしで終わったので、しばらく競馬からは離れることにする。

2012/11/21

感想・レビューをもっと見る