読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フォールアウト (ハヤカワ・ミステリ文庫)

フォールアウト (ハヤカワ・ミステリ文庫)

フォールアウト (ハヤカワ・ミステリ文庫)

作家
サラ・パレツキー
山本やよい
出版社
早川書房
発売日
2017-12-19
ISBN
9784150753771
amazonで購入する Kindle版を購入する

フォールアウト (ハヤカワ・ミステリ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tom

お久しぶりのサラ・パレツキー。昔は、新作が出るたびに読んでいたけれど、今回は6年ぶりのV.I.との対面。相変わらずのV.I.の振る舞い。最初の登場から考えたら、ずいぶんな歳になっているはずなのに、書中では、どうも歳を取らないらしい。その彼女が今回は、カンザスの田舎に出張っていって人探しを始めましたという話。翻訳をしたのは山本やよいさん。この人の翻訳の安定度は十分。どの本を読んでも安心。翻訳のうまさのためか、妙にじっくりと読むことになってしまって、読了まで一週間。いつものV.I.だったけれど、楽しめました。

2018/04/16

kyoko

今回も国際関係、生物学兵器、軍や研究所の関与など社会的背景の中で、親子間の葛藤や男女間の恋愛や嫉妬など、重厚な内容だった。孤軍奮闘なヴィクであるが信頼できる人が現れ、ペピーは賢く、ホッとする一幕もあった。おもしろかった。それにしてもこの長編を上下巻に分けずにどーんと出版してくれる早川書房に感謝。

2018/02/04

yhirose254

珍しくヒロインが一回しか入院しない、しかし、お馴染みの女探偵物語。『「安っぽくない事件も調べてほしかったわね」 わたしはぼやいた。「わたしは納税者よ。あなたと大佐はどちらも国民の僕であり、主人ではない。わたしたち国民があなたの給料を払っている。だから、あなたはわたしのために働いてるのよ。ケイディ・ペレックをつかまえてここに閉じこめてる?ケイディならその点を説明してくれるわ。 政府の働きを十二歳の生徒たちに理解させようとするのが彼女の仕事だもの」(p593)』日本だけじゃないのを喜ぶべきか嘆くべきか。

2018/06/18

sine_wave

かなり分厚い。ウォーショースキーがシカゴを離れて、カンザス州ローレンスで活躍をする。行方不明の二人をさがすが、どうも生物兵器に絡んでいるらしく、陸軍からも出て来ているらしい。あまりにも危険に近づくV.I.に耐えられなくて、ジェイクが彼女から離れていくのがさびしい。

2018/05/11

もつ

今年はこのシリーズを最初からと思ってたのに… 欲望に抗えずに新しいのから読んでしまいましたとさ。 ペピー大活躍!

2018/01/25

感想・レビューをもっと見る