読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マルタの鷹〔改訳決定版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

マルタの鷹〔改訳決定版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

マルタの鷹〔改訳決定版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

作家
ダシール・ハメット
Dashiell Hammett
小鷹信光
出版社
早川書房
発売日
2012-09-07
ISBN
9784150773076
amazonで購入する

マルタの鷹〔改訳決定版〕 (ハヤカワ・ミステリ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

本書に対する読者個々の評価や向き合い方は、ひとえに主人公の探偵サム・スペードにかかっている。共感は初めから捨てているので、その存在と人生への向き合い方を受け入れられるかどうかということだ。なにしろ、チャンドラーのマーロウをもっとドライにし、愛嬌を取り去ったような男なのだ。しかも、金には目がないし、美女には手が早い。また、物語の核になるのが何件かの殺人と、ヨハネ騎士団の秘宝というのも、やや陳腐さを免れないか。解説によれば、作者のダシール・ハメットの評価は高まる一方だそうだが、私には対岸のことのように思える。

2016/03/29

おしゃべりメガネ

ハードボイルドの原典作品です。正直、面白かったかと聞かれると「もちろん!」と自信を持ってオススメできない感が自分には残ってしまいました。決して訳者さんにどうのこうの言うつもりはまったくありませんが、自分の読み方が‘浅い’のか、どうにも文章がうまくつかめず、リズムにのれないカタチで終始、読み進めてしまいました。一文一文をしっかり読むことに集中し過ぎたせいか、全体がまとまらず「アレっ、結局何だっけ?」となることが自分には少なからず多々ありました。フォローではありませんが、作品の独特の雰囲気は伝わりましたよ。

2012/05/26

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

サンフランシスコの私立探偵サム・スペードのもとを若く美しい依頼人が訪れる。単純な家出人捜索と思われた依頼だったが翌朝、尾行中のスペードの相棒は死に、尾行していたターゲットも死体で発見される。依頼人の仮面の下から性悪な本性が露わになり、スペードは黄金の鷹像の争奪戦に巻き込まれた事を知る……。1930年発表のハードボイルドの古典。スペードの相貌は「灰色の目と濃い眉、尖った顎が3つのVの字を描く金髪の悪魔」と描かれる。感情表現を極端に排した主人公には、フィリップ・マーロウのようなセンチメンタリズムはみられない。

2016/03/13

ケイ

ハードボイルドは、この作品の頃からはじまったんだろうか。読みはじめてから最後まで、沢田研二の歌うカサブランカダンディーのイメージだった。女にも甘くない探偵スペード、やはり男としてカッコいい。

2015/05/22

修一郎

ダシールハメットが創り上げたサム・スペードは,チャンドラーのフィリップ・マーロウと並ぶハードボイルド探偵さんということだけども,趣きはだいぶ違うと思う。無口じゃないしワイズクラックもないし結構ワルで乱暴者だしアイヴァもブリジッドもまぁ地雷だし… やせ我慢ダンディズムとはちょっと違うけど,「コケにされることだけは御免だ…」この気位の高さですな。映画の方は無表情なハンフリーボガートが実にハマってました。続編かよってぐらい「カサブランカ」のリックと雰囲気そっくりだったけども…映画はたっぷり堪能できました。 

2018/05/23

感想・レビューをもっと見る