読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫)

レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫)

レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫)

作家
バリー・アイスラー
池田真紀子
出版社
早川書房
発売日
2009-03-31
ISBN
9784151781513
amazonで購入する

レイン・フォール/雨の牙 (ハヤカワ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

読書らいおん

日本を舞台にした、静かな殺し屋レインの物語。ところどころアクションはあるものの、それより東京での日常や情報収集、主人公の心理描写が印象的だった。ここまで地味で慎重な主人公は初めてかも。それゆえアクションシーンとの対比ができて良かったですね。なんか海外ドラマの「デクスター」を読んでるようでした。最後は切ない幕切れ。うん、「雨の牙」って良く考えられたタイトルですね。

2012/03/24

いうああお

日本の描き方に違和感なく、暗殺者、CIA、スパイ、裏社会の支配者等が満載のエンタテイメント性に富んだ作品。楽しく読めます。尾行の説明とか面白く、どっかで使ってみたいな(笑)

2009/05/18

ワッピー

一見さえない日本人に見えるアメリカ人の殺し屋という設定は面白い。たまに首を傾げる描写はあるものの、楽しむことができました。

2011/06/19

hosakanorihisa

ガジェットディテールの細かさがSFぽくて好き。

2009/04/01

らんまる

外国人が書いた日本にありがちな違和感がまったくない。日本人が書いた小説かと思ったほど。レインがめちゃ、かっこいい。http://bookreview999.blog72.fc2.com/

2010/03/23

感想・レビューをもっと見る