読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アースクエイクバード (ハヤカワ・ミステリ文庫)

アースクエイクバード (ハヤカワ・ミステリ文庫)

アースクエイクバード (ハヤカワ・ミステリ文庫)

作家
スザンナ・ジョーンズ
阿尾 正子
出版社
早川書房
発売日
2019-11-06
ISBN
9784151839016
amazonで購入する Kindle版を購入する

アースクエイクバード (ハヤカワ・ミステリ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くさてる

NETFLIXで映像化された予告を見て興味を惹かれたので原作を読んでみた。日本を舞台にしているけれど描写は正確。ただ、一人称と三人称が混在する語り口が単純に読みにくく、分かりにくいので、語り手をはじめとする主要登場人物に魅力を感じられないのにはちょっと困った。禎司はもっと魅力的な人物になった気がします。ミステリとしての展開も想像通りなのはともかく、なんだか全体的にもう一味足りないという読後感でした。

2020/01/18

J・P・フリーマン

ストーリーの大半がルーシーの回想で構成されている、日本が舞台のサスペンス。ミステリとしては内容が弱いと感じました。日本の街並みや文化を細かく描写していることは、英国では物珍しさが評価されるかもしれませんが、日本人にとってはごく当たり前の光景を魅せられるので新鮮さがありません。CWAの新人賞作品ということですが、日本では評価が辛くならざるを得ないでしょう。

2019/11/10

てっちゃん

現実と主人公ルーシーの妄想が、渾然一体となり、何が真実か分からない。その曖昧さを楽しむんだろうな。ただ、主人公にはあまり感情移入できなかったな。

2019/11/09

感想・レビューをもっと見る