読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

著者略歴 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

著者略歴 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

著者略歴 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

作家
ジョン・コラピント
John Colapinto
横山啓明
出版社
早川書房
発売日
0000-00-00
ISBN
9784152084033
amazonで購入する

著者略歴 (ハヤカワ・ノヴェルズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本木英朗

作家志望のキャルは、法律家を目指すルームメイトが密かに書いた小説を読んで衝撃を受ける。それは明らかに自分をモデルにしていた。直後に事故死した彼に代りキャルはその小説を自作として世に問い、ベストセラー作家となるのだが……。作者のデビュー作。全米に大激論を生じさせた『無実』ほどに人の心をえぐる様な深さと重さには欠けるが、犯罪心理小説としては十分読ませてくれる。流れるように展開していく物語と、結末で登場人物各々が下す選択は皮肉たっぷりで、米国より英国での評価が高かったというのも肯ける苦い後味が魅力の佳作だった。

2016/09/01

らくだ

ルームメイトの原稿を盗んだ作家志望の若者がベストセラー作家になるが…。展開はありがちだけど、しょーもないけど憎めない主役と脅迫者のチョイワル女がなかなかいいキャラ(^^)。ラストも意外な展開。

2014/06/07

香月

どうしようもない主人公だが、憎めない所もあって感情移入はできるし、唯一持ち得ていた一途さが報われる所は中々良かった。本来はもっと堕ちていく話の方が好きなんだけど、こういう結末も悪くない。

2016/09/09

聖月

◎「太陽がいっぱい」+「シンプル・プラン」という形容がコピーとしてついている本書であるが、なるほど当たらずとも遠からずである。「太陽がいっぱい」は、ご存知のように友人になりすます男が主人公である。アラン・ドロンである。評者に雰囲気が似ている。一方「シンプル・プラン」は、墜落した軽飛行機の中から大金を発見した男が主人公である。大金を独り占めするために、思いもよらぬ殺人を重ねていく転落の人生の物語である。

2002/08/01

よっちゃん

事故死した友人の小説を盗作し一躍ベストセラー作家になった青年は死亡した友人の恋人まで我が物にする。名声と栄光の絶頂にたった彼の前に盗作の事実を知る女性の脅迫者が現れ、バラ色の未来は一転して崩れ始める。主人公は本質的には善人であるから、盗作行為も場当たり的なら脅迫者対策も出たとこ勝負の成り行き任せ、このコミカルなてんやわんやが面白い。『太陽がいっぱい』と『シンプルプラン』を想起させると訳者の解説があるが、アランドロンのかっこよさはないし、シンプルプランの悲惨さもない。後味がさわやかに結末を迎える。

2003/05/12

感想・レビューをもっと見る