読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

霧のなかの子

霧のなかの子

霧のなかの子

作家
トリイ・ヘイデン
Torey Hayden
入江 真佐子
出版社
早川書房
発売日
2005-04-21
ISBN
9784152086303
amazonで購入する Kindle版を購入する

霧のなかの子 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Rin

【図書館】選択性無言症の子どもたちの治療を行うトリイ。今回は子どもだけではなく老人も対象に。どんな相手でも真摯に向き合うトリイ。私にとってトリイ作品は学生の頃から読んでいるけれど、今は仕事内容は違うけど私自身も刺激を貰えるシリーズ。優しさがしっかりと根底にあって諦めずに可能性を探し続けること。嫌いだという感情に流されることなく、相手のためを想い自分の感情をしっかりコントロールするために自分自身と向き合う姿勢。見捨てずに心から救いたいという気持ちに、背筋が伸びる気持ちになる。子どもたちの幸せを願いたいです。

2017/03/06

いちは(精神科医)

今回も非常に重い内容。実父による誘拐と虐待を経験したカサンドラ、喋らないドレイクという二人の子どものセラピーをすることになるトリイだが、この二人が本当に厄介で、読みながらこちらまでヤキモキしてしまう。絶望的な状況から、なんとか糸口を見つけ出して、つかみとって、最後には希望の光を見せてくれる。読後感はとても良い。そして、自分自身が取り組んでいる対人援助という仕事へのモチベーションを高めてくれる。

2019/11/02

Hisae

正直、苦手な分野です。仕事でなければ挫折していたと思います。カサンドラが理解不能の、未知の生物に思えて恐ろしいかったです。トリイの体験を読むだけで、混乱と薄気味悪さに気が滅入りそうでした。そんなカサンドラに根気良く付き合い続けるトリイが知った恐ろしい秘密。子供に現実に起こってしまう理不尽で残酷な仕打ちに、ただひたすらに嫌悪と吐き気、強い怒りを感じました。カサンドラにドレイク。どうか、そんな理不尽な苦しみを味わう子供たちが一人でもいなくなって欲しい、そう願わずにはいられない本でした。

2014/03/13

nitori

忘れていたけれど再読でした。カサンドラにドレイク、ゲルダ。。。やっぱりトリイヘイデンの物語は心にぐっと迫るものがあります。『シーラという子』の1冊で人生のベクトルが変わってきたともいえる、大好きな作家さんです。虐待が起こす深刻な情緒問題や無言症に必死で取り組むカウンセラーや医師、ケースワーカーの奮闘とやるせない現実、そしてその中にほんのわずかに見える希望の光・・・世界中で愛されるのも納得です。

2019/04/08

よぽ

カサンドラ、ドレイク、ゲルダの3人のケースが語られる。家族が子供に与える影響力の大きさが怖いほど。子供にとっての両親の存在とは、かくも大きいものなのですね、改めて身が引き締まる思い。

2018/05/06

感想・レビューをもっと見る