読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大統領を操るバンカーたち(下)──秘められた蜜月の100年

大統領を操るバンカーたち(下)──秘められた蜜月の100年

大統領を操るバンカーたち(下)──秘められた蜜月の100年

作家
ノミ・プリンス
藤井清美
出版社
早川書房
発売日
2016-11-22
ISBN
9784152096524
amazonで購入する Kindle版を購入する

大統領を操るバンカーたち(下)──秘められた蜜月の100年 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

下巻は戦後の状況で馴染み深い名前などが出てきます。この中ではイラン人質事件が映画の「アルゴ」とはまったく異なって政治家と銀行家だけであったと書かれています。どちらかというと金の匂いに敏感な投資銀行が政治的な動きをしていますよね。

2017/04/20

ブラックジャケット

民主党だろうが共和党だろうが、政権中枢にはウォール街の切れ者たちが控える。世界中に支店を置き、アメリカの世界戦略の尖兵となる。世界を震撼させたオイルショックも、環流するオイルマネーの受け皿となるバンカーたちのしたたかさ。しだいにモラルも失っていく。規制緩和の波に乗り、貪欲に利益を追求するバンカーたち。金融商品は複雑、巧妙化する。歴代の大統領も選挙資金をウォール街に求める。どんなに高尚な政策を掲げても、裏では手を結ぶ。金融危機に見舞われれば、政府から巨額の支援を受ける。潰れる方が氷山の一角。恐ろしい歴史。

2019/09/04

yooou

☆☆☆☆☆ これはすごかった。社会人、金融業界の端くれにいながら意味がわかっていなかったことがこんなにあったとわ。

2019/02/17

roxy001960

20世紀後半に入って、ようやく大統領の名前もなじみ深いものになってきた。でも、前半のほうが面白かったかも。最近の話はほかの本でもたくさん読んでるので、あまり新味はないし、ものの見方がものすごく一方的で偏っている感じがする。ただ、現在アメリカの専売特許みたいな自己中心的な考え方は意外と最近台頭したものだったということが分かったことが数少ない収穫かな。

2017/03/09

takao

銀行に有利な法案を立案。大統領への資金援助 長ーい関係

2017/04/11

感想・レビューをもっと見る