読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

炎の色

炎の色

炎の色

作家
ピエール・ルメートル
Pierre Lemaitre
平岡 敦
出版社
早川書房
発売日
2018-11-20
ISBN
9784152098115
amazonで購入する

炎の色 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

ピエール・ルメートルは、翻訳されている全作品を読んでいる作家です。『天国でまた会おう』三部作、第二弾です。世界恐慌前後の復讐譚、面白く読みましたが、ピエール・ルメートルと言うよりも、フランス版、ジェフリー・アーチャーのようでした。何時読めるかわかりませんが、続いて三部作の最後に行きます。

2018/12/10

拓郎

ルメートルさんの天国でまた会おうの続編です。知らずに本作から読んでしまいましたが問題は無かったです。これまでの作品とは雰囲気が違って文学的な作風でどうなるかと思いましたが、後半はやっぱりルメートルさんらしいミステリの要素が前面に出ていました。まずまずおもしろかったです。一作目もまた読んでみます。

2019/03/10

ヘラジカ

いやはや金と欲望あるところには尽きせずドラマが生まれるということか。端的に言って素晴らしく面白い。癖の強い人物たちが織りなす物語は、前作を凌駕する牽引力を持っていると言っても過言にならないだろう。ただし、モチーフにしたと思われる『モンテ・クリスト伯』と比べるには、復讐の性質や釣り合いを考えると読了後も清々しいとは言い難い。そこがまた魅力的ではあるのだけれど。前作エピローグで思わせぶりだったルイーズが登場しないと思ったら、どうやら第3巻で主人公を担うようで。まだ完成していないようだが期待大である。

2018/11/24

あっちゃん

世間知らずのお嬢様の復讐より、「そりゃまた、どうして?」夫妻が群を抜いてる。才色兼備のお付きと思っていたら マドレーヌにも振り回され ろくでなしを抱えた苦労人、ロベールの愛嬌を振り払って もっと自分を大事にしなきゃ。訳者あとがきを読むまで怪物君との繋がりに気付かなかったよ…。

2019/01/19

復讐劇自体はやや大味な感じ。人々の感情の揺れを楽しむ文芸作品かな⁉

2018/12/17

感想・レビューをもっと見る