読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大統領失踪 上巻

大統領失踪 上巻

大統領失踪 上巻

作家
ビル クリントン
ジェイムズ パタースン
越前敏弥
久野 郁子
出版社
早川書房
発売日
2018-12-05
ISBN
9784152098184
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

アメリカ合衆国大統領ダンカンは密かにホワイトハウスを抜け出した。世界を崩壊させかねない大規模サイバーテロを防ぐには他に道はなかったのだ! ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー第1位獲得! 元大統領とベストセラー作家のコンビが放つ傑作スリラー

「大統領失踪 上巻」の関連記事

全米で100万部! ビル・クリントンが書いた『大統領失踪』は、どこまでがフィクション?

『大統領失踪(上・下巻)』(ビル・クリントン、ジェイムズ・パタースン:著、越前敏弥、久野郁子:訳/早川書房)

 4年ごとの大統領選挙の中間の年に実施されるアメリカの「中間選挙」。11月6日に行われトランプ政権の話題はつきないが、“大統領”といえば、注目すべき小説がまもなく発売されようとしている。

“元大統領”ビル・クリントンが書いたサイバーテロ小説『大統領失踪(上・下巻)』(早川書房)だ。本書は、全米で100万部を突破、Amazon.comで2700超の5つ星がつく人気ぶり。アメリカを襲うサイバーテロに大統領が無謀にもたった一人で立ち向かう、迫真のエンターテインメントとなっている。

 日本で書籍が発売されるのは12月5日(水)。出版元は、海外翻訳の老舗として知られ、読書好きから根強い人気を誇る早川書房(@Hayakawashobo)なのだが、発売前に「ネタバレ」させてしまうという異例のプロモーションを決行。上下巻あわせて656ページにもおよぶ本編のダイジェスト版(110ページ)が用意され書店員さんなど関係者に配布された。ダイジェスト版の表紙には、「本…

2018/11/20

全文を読む

関連記事をもっと見る

大統領失踪 上巻 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

クリントン元米大統領のミステリということで興味を持ち読みました。大統領セレブミステリ、トム・クランシーのジャック・ライアンシリーズほど派手さはありませんが、著者は元米大統領だけあって、ディティールのリアリティが感じられました。続いて下巻へ。トータルの感想は下巻読了後に。

2019/01/24

さと

読み進むにつれ、本を閉じる事ができなくなる。ダンカン大統領(アメリカ合衆国)が直面している事態に対し一瞬たりとも目を離せなくなるからだ。私は、何が⁇ 何故⁇ 誰が⁇…疑問符まみれで読み進むことになるがそれが多ければ多いほど面白味が増してくる。とはいえまだ全体の何分の一程度のものだろうが。共著とは言え多彩な才能はまだまだ衰えることはないらしい…。(下巻の用意が間に合わず事態に遅れをとっている感じで何とも歯痒い)

2018/12/27

かなた(4月から新社会人)

評価:○ 内容:アメリカ大統領ジョナサン・リンカーン・ダンカン下院調査委会でキツく問い詰められているのであった。内容は、"ジハードの息子たち"と呼ばれるテロリスト集団のリーダーを救うために大統領が電話をかけた疑惑をかけられているため、問い詰められていた。その行動には、そうせざるをえない理由があったのである。世界の平和を守るためには…… 感想:僕は、ちょい面白いと感じました。前半は、退屈ですが後半から面白くなっていきます。映像化されるのが、納得する描き方だと思います。下巻、どうなるか楽しみです。

2018/12/12

nobug

元合衆国大統領のクリントンが書いたサスペンス。アメリカで100万部突破。スリルある展開。下巻に期待。

2018/12/31

大統領が単身テロに立ち向かう。いかにもアメリカ映画っていう感じです。テンポ良く読めます

2019/01/15

感想・レビューをもっと見る