読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大統領失踪 下巻

大統領失踪 下巻

大統領失踪 下巻

作家
ビル クリントン
ジェイムズ パタースン
越前敏弥
久野 郁子
出版社
早川書房
発売日
2018-12-05
ISBN
9784152098191
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

大統領はなぜホワイトハウスから消えたのか? 世界の平和を守るために、他の選択肢はなかった……元大統領のみが知りうる知識と世界的ベストセラー作家の技量が合わさって生まれた唯一無二のエンターテインメント! 解説収録/土屋大洋(慶應義塾大学教授)

「大統領失踪 下巻」の関連記事

全米で100万部! ビル・クリントンが書いた『大統領失踪』は、どこまでがフィクション?

『大統領失踪(上・下巻)』(ビル・クリントン、ジェイムズ・パタースン:著、越前敏弥、久野郁子:訳/早川書房)

 4年ごとの大統領選挙の中間の年に実施されるアメリカの「中間選挙」。11月6日に行われトランプ政権の話題はつきないが、“大統領”といえば、注目すべき小説がまもなく発売されようとしている。

“元大統領”ビル・クリントンが書いたサイバーテロ小説『大統領失踪(上・下巻)』(早川書房)だ。本書は、全米で100万部を突破、Amazon.comで2700超の5つ星がつく人気ぶり。アメリカを襲うサイバーテロに大統領が無謀にもたった一人で立ち向かう、迫真のエンターテインメントとなっている。

 日本で書籍が発売されるのは12月5日(水)。出版元は、海外翻訳の老舗として知られ、読書好きから根強い人気を誇る早川書房(@Hayakawashobo)なのだが、発売前に「ネタバレ」させてしまうという異例のプロモーションを決行。上下巻あわせて656ページにもおよぶ本編のダイジェスト版(110ページ)が用意され書店員さんなど関係者に配布された。ダイジェスト版の表紙には、「本…

2018/11/20

全文を読む

関連記事をもっと見る

大統領失踪 下巻 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上下巻、650P、完読しました。タイトルから、大統領誘拐ミステリかと思いきや、国際謀略サイバーテロ大統領冒険活劇でした。頁数の割には、行間が詰まっていないので、サクサク読めます。面白くなくはないですが、少し軽すぎる感じでした。ミステリを書く、(元)大統領等は、古今東西・未来も含めて、唯一かも知れません。

2019/01/25

かなた

評価:○ 内容:下巻。 少し前、国防総省のサーバーが謎のウィルス攻撃を受ける事件が起こっていた。それをサイバーテロの前兆だと大統領は感じ、極秘の対策進めていて、テロ集団に探りを入れていた。だが、少数しか知らないサイバーテロの暗号を漏れていた。そして、姿を消して、ウィルスを阻止するために、ある協力者に会うのだが…… 感想:僕は、面白いと感じました。読んでいてスリル感を味わえる作品だと感じました。少し登場人物が多いと感じるとおもいますが、楽しめると思います。

2018/12/13

ノンストップでスリリング。大統領が男前すぎるけど、作者が元大統領だからしょうがないのかな⁉

2019/01/16

バルサン聖人

ダークエイジの正体は全米のネットインフラを完全に破壊するウィルスだった!ダンカン達とウィルスとの知恵比べの最中に暗殺者バッハの魔手が迫る!ううむ、アメリカ国歌がBGMに鳴り響いてるんじゃと思う程のアメリカだった。国粋主義全開の内容と策謀入り乱れる中身でストーリは最高にアツい。米国人にはウケるよね。仇なす者を許さない姿勢と、逆に許す者は全て受け入れるアメリカの多様性という価値観をビンビンに感じた1冊。スリラとしてもお勧めだけど、アメリカを知る1冊としても素晴らしいと思う。ラストの演説はすごくよかった。満足!

2019/03/09

tetsubun1000mg

上巻よりは、場面の展開にスピードが出てページをめくるのが楽しくなる。 米国大統領の経験者でないとわからない気持ちや考え方が目新しく、米国の国家危機で絶対的に信頼している相手は、国(実名)はどこなのかがわかる。 日本など一行も出て来ない。  ただ、上巻と同様に大統領の業務の大変さや価値を訴える事、腹心と思っていた部下に対しても、言葉で罠にかけるやり方が続くと、舞台が日本ではなく米国であることが分かって違和感が出てくる。 ただし、ストーリー自体はオリジナルで、ホワイトハウスの内幕が垣間見えて面白かった。

2019/02/04

感想・レビューをもっと見る