読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

息吹

息吹

息吹

作家
テッド・チャン
大森望
出版社
早川書房
発売日
2019-12-04
ISBN
9784152098993
amazonで購入する Kindle版を購入する

「息吹」のおすすめレビュー

SFを通して“人間の本質とは何か”を問う「現代SF界最高の作家」の緻密で美しい世界に酔いしれる…テッド・チャン『息吹』

『息吹』(テッド・チャン:著、大森望:訳/早川書房)

『息吹』は、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、英国SF協会賞、星雲賞など国内外の名だたる賞を次々と受賞し、“現代SF界最高の作家”との呼び声も高いテッド・チャンの最新作品集。書き下ろし2編を加えた全9編が収録されている。テッド・チャンといえば、2016年公開の映画『メッセージ』の原作小説『あなたの人生の物語』を手掛けたことで、SFファン以外にもその名を知られるようになった。『あなたの~』が2003年に刊行されて以来16年ぶりの作品集である『息吹』には、SF小説ファンのみならず、SF初心者にもおすすめの短編が詰まっている。

「SFって、設定に入り込めないし理解しづらそう」と苦手意識を持つ人も、まずは冒頭の短編「商人と錬金術師の門」を読み始めれば、あっという間に作品世界に引き込まれるだろう。「商人と~」は、バグダッドを舞台に繰り広げられるタイムトラベルSF。とある不思議な店に存在する〈門〉を片側から反対側へくぐると、“20年前”と“20年後”の世界を行き来できるという。もっとも、時間移動はできても過去や未来を…

2020/2/29

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「息吹」の関連記事

ダ・ヴィンチニュース編集部 ひとり1冊! 今月の推し本【10月編】

 ダ・ヴィンチニュース編集部メンバーが、“イマ”読んでほしい本を月にひとり1冊おすすめする新企画「今月の推し本」。  良本をみなさんと分かち合いたい! という、熱量の高いブックレビューをお届けします。

健康なときにどんな生きかたをしていたのかがあぶり出される。命をかけた往復書簡『急に具合が悪くなる』(宮野真生子、磯野真穂/晶文社) 『急に具合が悪くなる』(宮野真生子、磯野真穂/晶文社) 「生きている意味なんてない」とメイプル超合金のカズレーザーさんがYouTubeで発言していた。ふと、あの時もう1つの選択肢を選んでいたら今頃どんな人生だったのだろうと思う瞬間がある。過去の選択が良かったかどうかなんて結果論でしかないのだが、自分の選択に意味を持たせ納得しながら人生を歩んできた身としては、その考え方いいなと思った。

『急に具合が悪くなる』は、がんを患い余命僅かと宣告された哲学者・宮野真生子さんと人類学者・磯野真穂さんが「死と生」「別れと出会い」「偶然と必然」等を巡ってお互いの学問と人生を賭けてぶつけ合った20通の往復書簡だ。読者は徐々に宮野さんと死との距…

2020/10/30

全文を読む

関連記事をもっと見る

息吹 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

国内外で高評価のSF作家、テッド・チャン、初読です。9篇からなるSF幻想譚の中短篇集でした。オススメは、『商人と錬金術師の門』&『ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル』&『オムファロス』です。高評価で兼業とは言え、こんなに寡作(17年で2冊)で職業作家として成り立つのでしょうか? https://www.hayakawabooks.com/n/n15666c94bb73?gs=d4be2631eaef

2020/08/12

ウッディ

最高のSF短編集の謳い文句に恥じない傑作。タイムトラベル、人工知能、天地創造、パラレルワールド・・バラエティに富み、どの設定も納得できる科学的な根拠があり、その中で人々が深く考え、自由に動き、物語の世界が大きく膨らんでいく。装置を通してもう一つの世界と交信できる「不安は自由のめまい」、車の事故で妻を亡くした夫に、逆に夫を亡くした別の世界の妻との交流を斡旋して金儲けをする商売、自分ならこの装置をこんな風に使うという想像を遥かに上回るアイデアに脱帽です。SFの醍醐味を楽しむことができ、とても面白かったです。

2020/11/01

seacalf

冒頭のシェラザードとSFを融合させたような『商人と錬金術師の門』でがっつり心をつかまれ、表題作『息吹』の驚異的な話で度胆を抜かれ、中編の『ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル』の長さにたじろぎつつも、『不安は自由のめまい』で気持ち良く締めくくり、たっぷり堪能させて貰った短編集。ものすごく寡作な作家さんらしいが、むべなるかな。どれもこれも奇想天外な発想、かつ美しさを感じるほど緻密な描き方。SF慣れしていないので時々睡魔が訪れ、滋味溢れるご馳走に眠気たっぷりのスパイスをかけて食べたような読書時間だった。

2020/03/02

とん大西

…メモリアルな(?)700冊目となりましたが…疲れました(^_^;)。全編、哲学と物理のハイブリッドな授業を受けているような感覚。半分以上理解できてないかもしれません。細部を積み上げたマジのSFというのは全くもって難しい…。それでも、普段とは違う読書脳で読んだからか、これまでにない新鮮な趣を感じることはできたかも。目の前にあるものが唯一無二の『今』、そこからは自分自身が造り出す明日…てなとこでしょうか。最も読みやすかった1話目の「商人と錬金術師の門」。奥深いメッセージがちょいと鳥肌ものでした。

2020/03/22

k5

これはハードカバーで買わねば、と思い購入。想像通りすばらしく、「商人と錬金術師の門」「デイシー式全自動ナニー」「偽りのない事実、偽りのない気持ち」が必読レベルで、表題作「息吹」は21世紀文学の傑作と言って良いレベル。(本人がディックの短篇をネタ元として挙げてますが)。あとも十分以上に面白いです。訳者の大森望さんがAIにまつわる作品について、恋愛ゲームの連想で語られてますが、どちらかと言うと花澤健吾「ルサンチマン」を想像しました。「門」はどこかドラえもんっぽいし、日本のマンガとの親和性もある作家です。

2020/02/15

感想・レビューをもっと見る