読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三体II 黒暗森林 下

三体II 黒暗森林 下

三体II 黒暗森林 下

作家
劉慈欣
富安健一郎
大森望
立原透耶
上原 かおり
泊 功
出版社
早川書房
発売日
2020-06-18
ISBN
9784152099495
amazonで購入する Kindle版を購入する

三体II 黒暗森林 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

凄い!アイデア豊富な作家で最後まで飽きさせない。途中、2世紀という流れが跳ばされて駆け足過ぎたが密度は高かった。極端な悲観論、次に楽観論、それからどん底と行きつく暇もないとはこのこと。面壁者はどうなるのか?地球の未来は?連合艦隊の行方は?しかも広げすぎたかに見えた伏線はあれよあれよと回収されていく。作家なのか手品師なのか。黒暗森林の意味が分かると戦慄する。この話にもまだ続きがあるんだ…

2021/04/20

パトラッシュ

(上巻から)淡々と進んだ前半から一転して後半は超科学的スペースオペラと化す。暗殺ウイルスに殺されかけた次に面壁人に復帰してまた排除される羅輯を筆頭に、宇宙軍から艦ごと脱走した章北海、謎の<水滴>に文字通り瞬殺される宇宙艦隊と大量のアイデアを惜しげもなく投入してくる。思わず展開を忘れかけるほどで、説明だけで済まされているディストピアと化した大峡谷時代が舞台の外伝小説が何巻も書けそうだ。ジェットコースター的展開の果てに、羅輯は黒暗森林理論に基づき地球と三体の運命を握る。最終第三部はどうなるのか予想もつかない。

2020/07/09

stobe1904

【三体シリーズ2作目】物語としてのスケールの大きさ、全く先の読めない展開に没頭してしまった。息を飲む三体の探査機とのコンタクトシーン、猜疑連鎖の議論や三体世界とのコミュニケーションなど動的と静的なメリハリのつけ方がとても印象的。近々最終作が出版されるようなので、また文句なしに面白い三体物語に没頭させてくれることに期待したい。★★★★★

2021/04/29

修一郎

面壁者が次々と敗れていくのを眺めるばかりでやや退屈になってしまっていたところだったのだが下巻に入って持ち直しだ。暗黒森林に対する呪文の意味や,Ⅰ部の「智子」に引き続いてのリーサルウエポン「水滴」の登場で急展開,「水滴」の技術的な中身がすごく気になる。自分としては宇宙黒暗森林思想が「フェルミのパラドックス」の有力な説明の一つになってるってところがツボで,初めて知ってワクワクした。平和な未来を予感させておいての一気ジェットコースター展開,面白かった! 第Ⅲ部はゆっくり待ちます。

2020/08/28

まちゃ

三部作の第二部下巻。壮大なスケールで描かれる異星文明との接触。フェルミのパラドックスの解となる「黒暗森林」理論。楽しめました。太陽系に到達した三体文明の探査機・水滴の捕獲作戦で恒星級戦艦2千隻を動員した宇宙艦隊が三体文明の圧倒的な技術力の前に壊滅させられる宇宙空間での戦闘シーンは圧巻でした。最終的には面壁者・羅輯が見出した「黒暗森林」理論により、三体文明との取引が成功し、地球は救われる。しかし、「黒暗森林」の意味する宇宙の姿には救いのないうすら寒いものを感じました。この宇宙では恐ろしいハンターに要注意。

2020/08/22

感想・レビューをもっと見る