読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

財政赤字の神話: MMTと国民のための経済の誕生

財政赤字の神話: MMTと国民のための経済の誕生

財政赤字の神話: MMTと国民のための経済の誕生

作家
ステファニー・ケルトン
井上智洋
土方 奈美
出版社
早川書房
発売日
2020-10-06
ISBN
9784152099662
amazonで購入する Kindle版を購入する

財政赤字の神話: MMTと国民のための経済の誕生 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

パトラッシュ

税を財源確保の手段とみなすか、インフレ率や格差是正の手段とすべきか。財政赤字は国を貧しくするか、国民を富ませるか。公的給付は持続不可能か、続ける意志さえあれば可能か。これまで当然視してきた経済を見る目の前提を、MMT(現代貨幣理論)は鮮やかに引っくり返す。確かにレーガノミクス以降の新自由主義的経済政策が国家のため国民に負担を強いるものであり、民を先に富ませれば国も富むという考えは理解できる。コロナ禍で各国ともほぼ無制限の財政支出拡大を余儀なくされている現在は、事実上MMTが実行されている状況かもしれない。

2020/12/14

ATS

私のように経済や財政などの基礎的な知識がない人がいきなり本書を読むとやや難しいかもしれない。しかしながらMMTそのものやその先にある財政政策の哲学的なことを知るには欠かせない良書であると思う。初学者はいきなり本書に手を出すのではなく、中野剛志さんの書籍『奇跡の経済教室(https://amzn.to/31okysq )』や三橋貴明さんの動画『「財政破綻するー!」を完全論破(https://www.youtube.com/watch?v=kFz1AWzwMsU&t=1282s )』で基礎を固めておくとよい。

2020/10/19

belalugosi6997

「不況と貧困は人災」を主義主張にしていた、「不況・貧困・失業は人災」に追加変更。失業に関しては単なる無職を意味するのではなく、全う(真っ当)な仕事ではない=失業と定義する。では真っ当な仕事とは?ちゃんと働いて庭付きの一軒家を所有でき、結婚は勿論、2・3人の子供を大学まで通わせ、年に一度は家族で旅行に出かけ、貯蓄が出来て、老後の心配も要らないだけの手当(給与)が貰える、尊厳のある仕事のことである。完全雇用を達成すれば不思議ではない。これがMMT派の言う真なるJGPである。夢と希望と尊厳がある。ベスト著書

2021/05/04

Hiroo Shimoda

これまで読んだMMTの解説ではBest。主張がよく分かった。制約は何かを捉え直す理論。余剰のアセットを抱える日本経済には親和性が高い印象。そんなにうまく理屈通りになるのか?という根拠ない不安は感じるが…

2021/03/02

スターライト

「国の借金が千兆円超え。国民一人当たり〇百万円」「高齢化社会の進展で医療福祉の支出が増大」などと聞くと誰しも不安を覚え、そのために増税や各種給付の減額はやむなしと思ってしまう。しかしこれはアメリカはもとより日本などの通貨発行権を持つ国では虚言にすぎず、その財政を家計や自治体と同列に扱うのは間違っているー。MMTという聞きなれない経済理論をやさしく解説した本書は、財政赤字・貿易赤字・国家の債務などにまつわる「神話」を解体し、国民全体が豊かになるための経済に向けた具体的な方策を示す画期的な経済書。

2021/02/07

感想・レビューをもっと見る