読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こぐまとブランケット (ハヤカワ・ジュニア・ブックス)

こぐまとブランケット (ハヤカワ・ジュニア・ブックス)

こぐまとブランケット (ハヤカワ・ジュニア・ブックス)

作家
L.J.R.KELLY
たなか ようこ
内田也哉子
出版社
早川書房
発売日
2021-01-07
ISBN
9784152099938
amazonで購入する Kindle版を購入する

こぐまとブランケット (ハヤカワ・ジュニア・ブックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

内田 也哉子(樹木希林の娘、本木雅弘の妻)初翻訳絵本ということで読みました。絵も可愛く哀しいながらも少年の成長が微笑ましいテディベア絵本です🐻 https://www.hayakawabooks.com/n/n3493d4e2df3c

2021/01/08

みどり虫

少年の人生のように、ぬいぐるみのこぐまにはぬいぐるみのこぐま生が、ブランケットにはブランケット生があるのだ。それがさみしいことか、それが救われることかも、それぞれのことなのだ。それでいいのだ。そう思えればいいのだ。うん…(´ー`)

2021/02/08

コロナウィルスに怯える雨巫女。

《本屋》内田也哉子さん訳。熊のぬいぐるみとブランケットが、大好きな少年とはぐれて、冒険する話。

2021/01/10

TAGO

ちょっと切ないお話。 子どもは成長する。 濃密な時を過ごした過去の思い出。 ぬいぐるみも親も ブランケットに包まれたような 温かな思い出を大切な心の宝箱に入れて 時に蓋を開けて懐かしむ。

2021/02/21

NOYUKI

なんかスッキリしないなー。大切な初めてのお友だち。せめて再会してほしかったわ。切なすぎるし。きっと懐かしかがってくれただろうに。あの島。迷子の子たちがあそこで幸せなにしてるならいいのかな。なんか、スッキリしない。

2021/07/28

感想・レビューをもっと見る