読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集 日本語版

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集 日本語版

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集 日本語版

作家
スコット・フィッツジェラルド
アーネスト・ヘミングウェイ
宮内 華代子
出版社
文藝春秋
発売日
2009-04-24
ISBN
9784160080713
amazonで購入する

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集 日本語版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆきを

私が妻ゼルダの立場なら、お互いの手紙なんて絶対読みたくない。でも、私がゼルダなら、きっと投函前のスコットの手紙を覗き見るだろう。そして思い知る事になる。スコットは自分を愛しているけれど、彼が一番情熱を傾けている文学や知的好奇心は、ヘミングウェイこそが理解し、受け入れ、尊敬している。蝶であるスコットを魅了するのは花であるゼルダのはずなのに、実際は武器を手に持つマスチモだなんて。。。という見方も出来る。そして親友というか真の理解者であった両者の関係を、時に甘ったるしく、時に諦観を余すことなく伝える往復書簡集。

2018/07/01

感想・レビューをもっと見る