読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幕末 (文春時代コミックス)

幕末 (文春時代コミックス)

幕末 (文春時代コミックス)

作家
司馬遼太郎
森秀樹
出版社
文藝春秋
発売日
2021-06-24
ISBN
9784160901032
amazonで購入する Kindle版を購入する

幕末 (文春時代コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kiiseegen

小説では12篇あるうちの「桜田門外の変」と「花屋町の襲撃」2篇。後半登場の後家鞘彦六はマイドーム大阪の側に顕彰されてる方。原作でも御気に入りの1篇。

2021/06/25

もくもく

原作の小説では12の短篇で幕末の暗殺史を俯瞰し、その あとがき で著者は「暗殺者が歴史に寄与したか」と自問し「ない」と断言しています。不思議な暗い高揚感で本編を読了した後に あとがき を読んで、著者にその高揚感を否定されたような、不思議な気分になったものです。本書では12の短篇のウチから、タイトル通り「桜田門外の変」を描いた一編と、竜馬暗殺とその復讐を描いた「花屋町の襲撃」をコミカライズしていて、しっかりと面白く、暗い高揚感を感じるのですが・・・あとがき が無いんだよなぁ…。(^o^)

2021/12/07

感想・レビューをもっと見る