読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

勇魚(いさな)〈上巻〉

勇魚(いさな)〈上巻〉

勇魚(いさな)〈上巻〉

作家
C・W ニコル
村上博基
出版社
文藝春秋
発売日
1987-04-01
ISBN
9784163095400
amazonで購入する

勇魚(いさな)〈上巻〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nyanlay

知り合いから薦められて読み始めました。凄い臨場感があり、物語にぐいぐいと引き込まれていきました。舞台が移り変わってもそのスピード感は失われなく、それ以上かも。これだけ読ませる作品なのにこれでもまだ上下巻の一冊に過ぎないとはビックリです。とにかくまたすぐにでも下巻を読みたくなりました。

2013/09/19

ひらぱー

☆☆登場人物に多少ぶっ飛び感があるものの、中々読ませるストーリーはないすです。さあ下巻へ。

2015/02/02

豚松

鯨を捕獲する場面は臨場感が溢れ、上下巻を一気に読んでしまいました。 作者の日本人感でしょうか、登場人物は一貫して、最後まで筋を通し、約束を守る存在として書かれています。美しい光景と素晴らしい生き様がうまく表現されて読後、大変清々しく感じました。個人的には、三郎のことをもっと詳しく書いて欲しかった。また、もっと報われて欲しかった。伊藤潤の「巨鯨の海」も違った意味でオススメです。

2013/08/08

ナヌーク

訳書のくせに読みやすかった。

2012/03/23

みねお

大学生の頃に一度読んだものを引っ張り出してきた。先日「おクジラさま」を読んで、同じ太地の鯨捕りの話があったなあと。。。著者はC・W・ニコルさん。外国人の彼には日本のクジラ漁そして幕末の激動の歴史はどう映ったのか。。。

2017/10/13

感想・レビューをもっと見る