読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

勇魚(いさな)〈下巻〉

勇魚(いさな)〈下巻〉

勇魚(いさな)〈下巻〉

作家
C・W ニコル
村上博基
出版社
文藝春秋
発売日
1987-04-01
ISBN
9784163095509
amazonで購入する Kindle版を購入する

勇魚(いさな)〈下巻〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もり

名作。最後の場面のためにこの物語は書かれてきた。

みねお

激動の幕末時代を一人の鯨捕りの数奇な人生を通じた描いた物語の下巻。熱い男たちの息吹を感じる。

ひらぱー

☆☆前半の勢いから下巻は勘助の大人ぶりがちょっと残念。でも当時幕末の地方の様子を想像ながらしっかりと描いた外人さんはすごい. 龍馬の他にもこういう人がいないと実際には無理だったのではと思いますねえ。

2015/02/07

rincororin09

何度目かの再読。海洋歴史冒険活劇・・・っていうカンジ。日本を愛してくれてるニコルさんの作品ですが、やはり、これを書いたのが外国人というのがちょっと信じられない。幕末の激動の時代の中にあって、主人公の痛快な生きざまと、取り巻く人物たちの繊細な心の動き・・・。やっぱり面白かった。

2014/10/22

ナヌーク

上巻のような冒険譚めいたわくわくはなかったけれど、物語の終わり方がよかった。

2012/05/16

感想・レビューをもっと見る