読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アメリカン・タブロイド〈上〉

アメリカン・タブロイド〈上〉

アメリカン・タブロイド〈上〉

作家
ジェイムズ・エルロイ
James Ellroy
田村義進
出版社
文藝春秋
発売日
0000-00-00
ISBN
9784163174600
amazonで購入する

アメリカン・タブロイド〈上〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

i-miya

2014.02.28(02/01)(つづき)ジェームズ・エルロイ著。 02/27 (P091) +ガス・アレックス=1916生まれ、シカゴ・マフィアのフィクサーで、シカゴ市警本部、クック保安官事務所の腐敗分子ととの橋渡し役。 +ジョン・“ジョニー”・ロッセリ=1905生まれ、シカゴ・マフィア所有ラスヴェガスもホテル&カジノの顧問。 

2014/02/28

i-miya

2014.01.15(01/01)(つづき)ジェームズ・エルロイ著。 01/14 (p086) 5.ワシントン、1958.12.07。 ウォードとケンパー。 ケネディ。 ダーリーン・ショフテルの件。 フーヴァー「君は今日から私の直属の部下だ、背伸びはするな、ボイドと肩を並べようなどと思うな」 6.1958.12.08。 ウォード・リテル、ひどい二日酔い。 ケンパーは酒を控えた。 フーヴァーのつれなさが心に突き刺さった。 

2014/01/15

i-miya

2013.12.01(12/01)(つづき)ジェームズ・エルロイ著。 11/27 (p086) ダーリーン・ジョフテルの一件。 5.ワシントンDC、1958.12.07 ウォード、緊張、ケンパーはその理由を知っていた。 ウォード=FBI特別捜査官、ケンパー、同じくFBI特別捜査官、フーヴァーの直属部下。 フーヴァーは20分遅れでやってくる。 12/09以前にじJFケネディがLAに姿を現す可能性はない。 ジョフテル、一晩に4人も客を取り、盗聴要員、そのスタミナに舌を巻く。 

2013/12/01

i-miya

2013.10.13(つづき)ジェームズ・エルロイ著。 2013.10.12 (P080) 最高の見張り場所。 非米活動調査委員会。 ケンパー・ボイドの登場。 マイアミ、よぎる。 0720、ケンパー・ボイドとウォード・リテルの姿。 ピート、車出し追跡、アルタヴィスタ通り停車、盗聴器設置だろう、北1541番地。 1時間ある、高級コールガール、自宅に盗聴器。 16分で設置完了、世界新記録! グレンツラー殺しの調査だろう-ケンパー。 ソル・モルツマン、マクレラン委員会。 

2013/10/13

i-miya

2013.03.14(つづき)ジェームズ・エルロイ著。 2013.03.12 1953.末、LA、ウォードのへま、ケンパー助ける。 死んだトム・エイジー、年金支払い方法、自堕落な妻でなく、大やけどした娘のヘレンに、フーヴァー長官に認めさす。 ピート・ポンデュラント。 ケンパー・ボイド=FRB特別調査官、フーヴァー直属の部下。ウォード・リテル=FRB特別捜査官、ケンパーの友人。 ピート・ポンデュラント=暗黒街の始末屋、ハワード・ヒューズ用心棒。 

2013/03/14

感想・レビューをもっと見る