読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

よろづ春夏冬中

よろづ春夏冬中

よろづ春夏冬中

作家
長野まゆみ
出版社
文藝春秋
発売日
2004-10-09
ISBN
9784163234502
amazonで購入する

よろづ春夏冬中 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

i-miya

2010.11.01 三日目の晩、訪問者、あった。ダンボール、箱、君のだろう。Tシャツ、縫いぐるみの犬。美大、入谷。「入谷樹之」作文、それになくしたカメラも。二日してまた学生。貝殻細工。幸福の神様を閉じ込めてある。鍵、本気にするほど子どもだった。姉に電話、不在。翌日、また学生。友の手紙。つかない連絡。映画。また君か。友人、喫茶、闇に落ちた。以上、夢。姉からもらった小箱。その鍵をなくす。小銭入れを落とす。見つけたがまた学生。ヘッドライト。トロイメライだ。

2010/11/02

はな

長野さんはじめまして。日常にするりと入り込んだ非日常、ちょぴり不思議なショートストーリー集。ひとつ10P程なのでさらりと読める。どれも少年青年同士の恋愛がベースとなっていて、正直オチがどれも似ているのだけど、心にすとんと落ちてきゅんってなるのが毎回心地良かった。透明感があり、妖しく美しく、下品じゃない色っぽさが好き。お気に入りは、タビノソラ、海辺の休日、待ちきれない、花の下にて、アパートの鍵、空耳、猫にご飯。春夏冬=秋がない=商い……って洒落たタイトル。装画も長野さんがされてて素敵!

2018/04/23

emi

図書館で目立つように飾られ、不思議な世界の出だしにふーんと手にとってみたら、全編男色の話でした。全然想像と違ってあーびっくり。初めての作家さんだけど、他の本もそうなんでしょうか?それは兎も角、古典的な妖しい世界…ちょっと動物に化かされたのかなと思うような不思議なことに巻き込まれる様々な男たちの物語。言葉遣いも『ぢゃないか』など古めかしさを演出。美大出身らしい画材などをモチーフに使う作品も。あれは夢か幻か…そういう意味で奇譚集ともいえそうです。

2015/09/23

藤月はな(灯れ松明の火)

再読です。生々しいはずなのに儚げで淡い作品集。「雨師」とかは他の長野まゆみ作品を彷彿とさせます。可愛らしいイラストも素敵です。個人的なお気に入りは「タビノソラ」と「空耳」です。エロい趣味だな~(笑)←これは捻くれた私の見解であり、同じ好みの方がいらしても落ち込みなさいませんように。

2011/04/03

Penguin

表紙が可愛らしいが、内容は不思議…短編集だけど、ちょっと回りくど過ぎて、結末がよくわからない「(゚ペ) 雰囲気は好きなんだけどなぁ…結局全てBLなのかしら…

2011/11/25

感想・レビューをもっと見る