読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

弾むリング―四角い「舞台」がどうしても必要な人たち

弾むリング―四角い「舞台」がどうしても必要な人たち

弾むリング―四角い「舞台」がどうしても必要な人たち

作家
北島行徳
出版社
文藝春秋
発売日
0000-00-00
ISBN
9784163587103
amazonで購入する

弾むリング―四角い「舞台」がどうしても必要な人たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

もじお

今回は、リングやインディー団体の選手などに焦点を当てたスピンオフ的なかんじでした。ドッグレックスからはウルフ選手。返すアテがないのに借金を繰り返す、生活保護の不正受給をするなどなかなかのダメ人間っぷりを披露してくれています。

2017/05/11

りぃ

太陽○ア(原文ママ)は絶倫。ウルフファングが極め付きなダメ人間に思えるけれど、大多数の人々とて、有形無形のサポートを享受しているからこそ「普通」でいられるのだろう。あの人の言葉を借りるなら、「馬鹿になれ」は単純明快な解決法なのかもしれない。

2011/02/01

感想・レビューをもっと見る