読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

父と娘の往復書簡

父と娘の往復書簡

父と娘の往復書簡

作家
松本幸四郎
松たか子
出版社
文藝春秋
発売日
2008-10-06
ISBN
9784163707303
amazonで購入する

父と娘の往復書簡 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぽっぽママ

お二人とも文章がお上手。そして率直に役者として、私人としてその時の思いを綴っている。演じる側がこれだけ真摯に創り上げたものをこちら側は受け止めることができているかしら。

2017/03/21

Koki Yamashita

これまで受け継がれてきた「古き良き日本」の舞台裏と、「親子の愛」がほどよくブレンドされた、素晴らしい一冊 お勧め

2019/08/26

酒井一途

役者としての顔ではなく、藤間昭暁・隆子としての素顔で綴られた言葉が聞こえてくる。どれほどの著名人であれ僕たちと同じ一人間であって、同じように悩み苦しんでいる。そういう当たり前のことを改めて考えた。それでは分け隔てているものは何か? それは結構単純なものの積み重ねなのだろうな。しかしそこに気付けて、しかも継続して実行することができて、となると容易ではない。きっと定められた道として歩む意志のある人間であるならば、もはや意識的にやるのではなく、無意識的に日常に組み込まれている姿であるのだと思った。

2011/09/19

rain.

読みおわったばかりなのに何回も読んでしまう!今の自分には名言集のよう。真摯に向き合う事、感情に素直に生きる事を改めて学びました。個人的には松たか子さんの『自分の足で見つけていく風景に、感動がある』という言葉が好きで共感しました!

2012/02/16

aizum

二人のやり取りはもちろん面白いんだけど、あちこちに散りばめられた、真摯に生きてきたんだなと思わせる言葉がとてもすてきで、書き留めたくなるほどだった。

2010/08/10

感想・レビューをもっと見る