読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

11/22/63 下

11/22/63 下

11/22/63 下

作家
スティーヴン・キング
Stephen King
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2013-09-13
ISBN
9784163824901
amazonで購入する

11/22/63 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遥かなる想い

下巻は歴史的事実に 対して、ケネディ暗殺阻止という この物語をどう決着付けるのだろう と思いながら、読み進めていた。 過去に戻ったぼくと、セイディとの 心のやりとりが物語の軸を 成す。 なぜか「バックトゥーザフューチャー」 と重なるのは、ひどくアメリカ的な 展開のためなのだろうか。 強情な過去がぼくとセイディの行く手を 頑固に妨げながら向かうところは どこなのか…稀代のストーリーテラーの スティーブが紡いだ物語は 想像以上のファンタジーだった。

2014/05/24

文庫フリーク@灯れ松明の火

漠然とした予想では、オズワルドの狙撃を阻止できたものの真犯人による狙撃でケネディ大統領は歴史通り落命(過去を激変させるはずは無い)しかし愛するセイディーが自分に関わったことで、何らかの事故・事件に巻き込まれリセットする必要から現代に戻る、と踏んでいたのですが・・。「過去は変えられることを望まない。変えようとすると、過去は反撃してくる。変化が大きければ、それに応じて反撃は激しくなる」音の振動による共鳴でクリスタルのグラスを砕くことが出来るように、ジェイクが過去の改変に成功するたび、時間の共鳴現象は規模を→

2014/11/21

林 一歩

傑作! 最終章で堪えきれず泣いてしまった。世の中にはクソみたいな出来事は多いしクソみたいな輩も沢山いるが、一欠片の善意と勇気があれば、人生は一瞬で変えることができる。僕はそう信じたい。ダンスは人生だ!!

2013/09/18

おしゃべりメガネ

あまりの白熱した展開に、下巻を1日でイッキ読み(500頁超上下2段書)してしまいました。上巻の終わり100頁をきったくらいから怒涛の勢いで、下巻の半分くらいまでノンストップで読んでしまいます。軸はタイムトラベルものですが、単純なSF定義で淡々と進めるのではなく、友情、恋愛も絡めながら全ての要素を壮大なドラマに仕立て、中盤からは息もつかせぬ展開で完全に読者のココロをつかみ、本から手が離すことができなくなってしまいます。上下巻合わせ千頁超の超娯楽大作ですが、読み終えるのが寂しく感じた作品は久しぶりでした。

2015/01/01

chiru

暗殺へのカウントダウンに突入する下巻。『過去は改変に抵抗する』というフレーズどおり、暗殺阻止を阻むごとく起こる事件と迫るタイムリミット。 恋人と正義のどちらを選んでも、支払う代償は途轍もなく大きい。 加速する終盤はページを捲る手が止まりません。 アメリカのトラウマとして根強く残る暗殺陰謀説とSFを絡めたキングワールド全開の傑作。 読み終えると、神々しいほど純粋で切ないラブストーリーでした。 長い時間旅行の終わりを告げるラストのセリフは、情景が目に浮かぶように美しく、感動のまま本を閉じました。 ★5

2019/01/09

感想・レビューをもっと見る