読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

背信の都 下

背信の都 下

背信の都 下

作家
ジェイムズ・エルロイ
James Ellroy
佐々田 雅子
出版社
文藝春秋
発売日
2016-05-28
ISBN
9784163904658
amazonで購入する Kindle版を購入する

背信の都 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上・下巻、800P強一気読みでした。LA四部作、アンダーワールドUSA三部作と複雑に絡み合って、大きな物語を構成しているんだと思いますが、忘却読者のため、ほとんど覚えていません。今後新LA四部作が展開して行くんでしょうが、早く出してくれないと直ぐに忘れてしまいます(笑)それにしても何故今、1941年の物語を書いたのでしょうか?

2016/08/03

藤月はな(灯れ松明の火)

日系アメリカ人への憎悪が膨れ上がる中でアシダらは犯人の手掛かりを掴み始めるが・・・。共産主義からの対日感情を鼓舞するためにケイ達に利用されるアシダ。でも彼がケイがバッキーの裸を知らないという事にほくそ笑む姿は完璧に友情以上の感情からなる優越感だよな・・・。ベティは口程にもない屑女と判明。その分、色々、追い詰められるダドリーが段々、可愛く思えるのが不思議。そして私は相変わらず、クレアが嫌いだと再確認。パーカーが見つけた乗馬ズボンを履いた赤毛女の写真って惨殺されたエルロイの母、ジヴァニー・ヒリカその人じゃない

2016/11/16

ヘラジカ

戦争開戦直後、人種的憎悪渦巻くLAで起きた凄惨な殺人事件。難航する捜査の裏にひそむ曲者たちは、私利私欲をぶつけ合い火花を散らす。心身ともに傷だらけの男たちが狂奔する様を、エルロイならではの筆力で描きだした渾身の大作。力の込めようというか魂の込めようが、読んでいてジンジンと感じられる。あの年になって新たなる四部作を構想するだけで常人ではないが、それをこの密度で現実化するのだから、もはや犯罪文学界の巨人だとすら言えるのではないだろうか。次作がいつになるかは分からないけど、また首を長くして待っています。

2016/06/01

鱒子

図書館本。上巻はアシダが主役でしたが、下巻はダドリーが主役。新シリーズはこのままダドスターで突っ走るんでしょうか。それにしても、「ブラックダリア」が大好きだった私は、今作でのケイのブッとんだ感じに戸惑いを覚えます。本当に同一人物かいな? ともあれ、次回作に期待大!です。その前に未読のアンダーワールドシリーズ読んどかなくちゃ。

2016/09/26

ふう

大きな時代の流れの中でそれぞれの運命が翻弄される下巻。あいかわらず”悪い奴ら”というか”悪いことする奴ら”ばっかり。「Perfidia」の歌詞にある「パーフィディア(裏切り)が勝者なのさ」を思い出しつつ読了。久しぶりのエルロイで読みにくかったこともあるし、LA四部作とUSA三部作をつなぐ役割を持たせているからかちっと無理矢理感のあるエピソードもあったような本作。この先出てくるからこいつは死なないってわかっちゃって変に安心しちゃったとこもあったけど、御年66でこういう本を書くエルロイにただただ素直に脱帽。

2016/08/01

感想・レビューをもっと見る