読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日々我人間

日々我人間

日々我人間

作家
桜玉吉
出版社
文藝春秋
発売日
2016-11-28
ISBN
9784163905648
amazonで購入する Kindle版を購入する

「日々我人間」のおすすめレビュー

『週刊文春』人気連載の伊豆ネイチャーマンガ『日々我人間』第2巻! 「無事発売された」とファンが安堵する理由とは

『日々我人間』(桜玉吉/文藝春秋)

 3年ぶり! 桜玉吉氏の『日々我人間』(文藝春秋)の第2巻が発売された。2013年の9月から週刊文春にて、細く長く連載中の本作は、ゆるりと暮らす初老のマンガ家、玉さんのノンフィクションコミックエッセイであり、彼のファンにとっては生存確認の記録である。

 2016年11月に発売された第1巻の内容は、隣人(?)たちに悩まされる狭い漫画喫茶での日常から、伊豆の山荘への移住だった。今回の第2巻も引き続き、完全に居を移した伊豆での毎日を描いている。おもしろおかしく、どこかせつなく、そして“妬みそねみ”を交えたおなじみの玉吉節で、である。

 連載300回を迎えた本作。すっかり伊豆ネイチャーマンガ家となった桜玉吉氏自身についても解説しつつレビューしていこう。

元気で何より! ファンに愛され続けるマンガ家、桜玉吉とは “桜玉吉”と聞いても、ひょっとしたらわからない若人もいるかもしれない。なので、まずはかんたんに解説する。

 まず彼はギャグマンガ家だ。1980年代から1990年代にかけて、実在のゲームを題材にした『しあわせのかたち』(KA…

2020/3/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

日々我人間 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆきらぱ

文春の「家の履歴書」の隅に載ってるマンガが次第に気に入ってきて買ってみました!想定も箱入りで良い感じ。中身も面白く、皆さま お疲れが取れますので読んでみて下さい。

2017/06/25

T.Y.

『週刊文春』の連載、気になっていたがちゃんと単行本化されたか。前半は東京の漫画喫茶に泊まり込み、後半は伊豆の別荘での計3年間の生活を綴る日記漫画。行き逢った不快な人、変な人をしばしば怒りを交えて描くのはもはや芸風だが、後半は環境の変化により人が減って虫や齧歯類との戦いが増えていく。虫の擬人化が多かったのは人間の女性が足りないせいか。その中でも珍しく日記漫画でなかったナウシカネタには大笑い。場面に応じた絵の味の出し方も外さず、老練の味である。久々の単行本を読めて良かった。

2016/11/26

gelatin

★★★★ 桜玉吉って何でこんなに出版社に愛されるんでしょうね?いつも装丁が豪華だなぁと思うわけです。そして自分も何でこんなに桜玉吉の漫画が好きなんだろうか、と。ペーソスが漫画になるとこうなのか。「おじさんの悲哀」が好きになったのはいつからだったか。そういえば「おばさん」もけっこう好きです。

2017/10/21

marua

掲載誌が文春かあぁ~…カツヒコさんが角川の(アルファベットは意地でも認めん)編集長で登場とか、逆に新鮮。内容はいつもの漫玉だけに。雑誌連載で読んで、まさかビームにさかのぼる人はいるのかなあーいても内輪話ばっかでちんぷんかんぷんだろな、などと余計なお世話。文春でも担当がOさんとはまた、因縁。

2016/12/29

りょう

不思議な人だ。まんが喫茶に一年半、その後とーんでもない伊豆の山奥のぼろやに一年半、ひとりですんであれこれの、ちょっとした漫画。あたしには、高校生?中学生のリアリティーのない恋愛より、ムカデとの戦い、トイレを覗く猿など、ずーっとリアルで笑えるわ。

2020/04/03

感想・レビューをもっと見る