読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

奈緒と私の楽園

奈緒と私の楽園

奈緒と私の楽園

作家
藤田宜永
出版社
文藝春秋
発売日
2017-03-24
ISBN
9784163906218
amazonで購入する

奈緒と私の楽園 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

久しぶりの藤田さん作品ですが、やはり読みやすさは相変わらずピカイチで、ちょっと(かなり?)ダメなくたびれた中年オヤジを書かせたら、その描写はある意味、芸術的ですらあります。藤田さん独特のエロスも随所に散りばめられ、アッという間に読了でした。世界観は賛否分かれると思いますが、やっぱり私は好きな作家さんであり、作風も魅力的です。別れた妻が一番の理解者となってるところなんかが、とてもリアリティを感じずにはいられません。読んで何かが残る作品ではないかもしれませんが、読んでいる間は間違いなく没頭し、ハマりました。

2017/10/06

starbro

藤田宜永は、新作中心に読んでいる作家です。官能小説かなと思って読み始めましたが、官能色は少な目の恋愛小説でした。帯ほどの衝撃はありません。アラフィ男は30歳前後の女性に惹かれるかも知れません。赤ちゃんプレイも流行っているのかなぁ?

2017/04/09

じいじ@

 ある一時期、夢中で読んだ藤田宜永、久しぶりに新作を読んだ。これは官能小説だという人もいるが、私の括りでは中年男を描いた純愛小説だと思う。50歳、バツイチの音楽プロジューサーが主人公。ヘタレな面も見せるこの男に身を重ねて楽しんでみた。不倫人妻との逢瀬に溺れる男のもとに、29歳の純粋無垢(?)な女・奈緒が現れて佳境に…。逢うたびに心を奪われていく男。男ともだちへの嫉妬、苛立ち、焦り…動揺する男の心情描写がきめ細かく巧く書かれている。生々しすぎる性愛描写に躊躇う場面もあったが、小説として愉しめる一冊だ。

2017/06/25

タックン

氏の直木賞を受賞した(愛の領分)とかの恋愛小説を気にいってだいぶ読んでたけど最近はなぜか探偵物ばっか書いてたからご無沙汰だった。それがまた急にこんな作品書いたから読んでみた。帯ほど官能部分は少なくて一種の恋愛小説だったけど最後まで読むと何が書きたかったかよくわからん内容だったな。結局は奈緒に魅入られた50歳の塩原のみじめさだけが目立ったな。もう(愛の領分)の頃の渡辺淳一を彷彿させる作品は書けないのかなあ?

2017/05/06

モルク

音楽プロデューサーでバツイチの塩原は夫と子供のいる愛子と不倫中。若い奈緒に出会い彼女の母親探しを手伝ううちに次第に彼女に惹かれ翻弄される。母の愛情を受けずに育った塩原が奈緒に裸で童話を読んでもらうシーンはハァ?塩原の別れた妻光代が彼のことをいちばん理解している。奈緒のようなタイプって不思議と男に好かれるんだよね。でも同性には嫌われるタイプ。興味ないのとか言いながら、いつの間にか友人の彼氏とかを奪い取ってしまいそう。本書はエロスも所々散りばめられ、読みやすくあっという間に読了した。

2018/05/01

感想・レビューをもっと見る