読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

武曲II

武曲II

武曲II

作家
藤沢周
出版社
文藝春秋
発売日
2017-06-05
ISBN
9784163906621
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

主演・綾野剛で映画化!
青春武道小説、待望の第二弾!

恐るべき剣の才能を持つラップ少年の羽田融。
高校三年生の冬の陣。
恋と、受験と、さらなる剣の高みへ。

壮絶な果たし合いを経てさらに激しい運命が……。

武曲II / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いちろく

前作の続編よりも後日談的な内容。前作における著者から剣道を通じて語られるメッセージ性の強かった内容から一転、主要登場人物の一人である高校3年生の受験と剣道を中心とした成長モノに変わった印象。それでも、物語の中で剣道が不動の位置を占めている事は変わらず、武を通じた精神論へ及ぶ内容を良い意味で気軽に物語として読める点は面白かった。

2017/07/01

Emperor

「冬の描写」において藤沢周さんの右に出る者はいませんね。少なくとも今までぼくが読んできた作家さんの中で、ですけど。細密で、質感や温度が伝わってきます。『武曲(Ⅰ)』よりもスピーディーな展開で、青春感マシマシ。ぼくは今作も好みでした。

2018/05/30

SOHSA

《図書館本》決して多いとは言えない剣道を題材にした小説の中でこの作品には飛び抜けた迫力、力強さがある。大会・試合での勝ち負けではなく、日々の道場での勝負はまさに常在戦場の感があり、剣道本来の意義やあるべき姿、原点を示しているように思える。描かれている登場人物の葛藤、迷い、逡巡などの心の動きこそがまさに剣道で相手と立合っているようでスリリングで楽しい。多くの武道がスポーツ化していくことが必ずしも正しいとは思っていない私にとって、スポーツではない剣道を描いた本作は興味深く面白い。

2018/07/15

ハッチ

★★★★★「〜なんだYO」と言っている自称ラッパー若剣士羽田。前回と比べて成長したなと思う。少し難解な語彙や哲学的な部分が出てくるが、今回も良かった。また、光邑先生もかくしゃくとしてて良い。このシリーズ続くのかな。楽しみだ。

2017/09/27

信兵衛

楽しい、面白いという作品ではありませんが、主要な登場人物3人のキャラクターが味わい深い。

2017/06/30

感想・レビューをもっと見る