読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ゲバラ漂流 ポーラースター

ゲバラ漂流 ポーラースター

ゲバラ漂流 ポーラースター

作家
海堂尊
出版社
文藝春秋
発売日
2017-10-05
ISBN
9784163907291
amazonで購入する

ゲバラ漂流 ポーラースター / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

海堂尊は、新作中心に読んでいる作家です。ポーラースター、チェ・ゲバラの一代記、第二弾です。本書は中南米諸国を放浪するチェ・ゲバラの成長譚、革命に向けて色々な体験をして行きます。本書は第一弾以上に海堂尊のファン(決してチーム・バチスタシリーズのファンではない)、中南米・チェ・ゲバラに興味のある人に以外にはオススメできません。私は楽しみながら読んでいますが・・・但し、読メでも評判が悪いので、四部作が完結するのか大変心配です。

2017/10/25

ダイ

ポーラースターその2。奇数ページの末尾が切りのいいところで終わる(。とか」とか)のはすごくイイ。だけどこのシリーズ始まってから他の作品が全然でないのは・・・。次作で完結にして早く他のシリーズ希望。

2017/10/25

tapioka

エルネスト・ゲバラの中南米における流浪の旅を描いた第二作目。色んな国をまわるのですが、その国の政治情勢や歴史的背景の説明文が多く、登場人物もかなり多岐に渡るので、情報量に圧倒され、正直ついていけません。ある程度知識を持った詳しい人じゃないと楽しめないかも。一方で、パナマの米国学校で、米国の考え方に全く同調しないながらも戦闘訓練を受け鍛錬する姿や、チェ・ゲバラと呼ばれるようになる経緯の話がふと出てくるなど、知識が無くとも楽しめる部分もありました。もう少し素人向けに書いてくれないと、読み続けるのが辛いです汗。

2017/11/13

nobug

去年の第一作目は良かった。今回はなんかいまいち。。。途中で挫折しました。。。

2017/10/18

Nazolove

今回はどちらかといえば淡々と冒険なう!という感じであった。 前回同様ラストはちょっと驚きの展開かなと思ったが1巻程の驚きはなかった。 そしてついにあの名前が出てくるとは思わなかった。 話を聞いているとだんだん世界ふしぎ発見か世界史の授業でもやってるんじゃないかという気持ちにさせられる本であった。 どちらかといえば今回の旅の相棒のほうが本人否定するかもだが気がおけない中じゃないのかな、と思った。 三巻はいよいよ戦場なう!となるのかも?と期待して待つことにする。

2017/11/06

感想・レビューをもっと見る