読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

修羅の都

修羅の都

修羅の都

作家
伊東潤
出版社
文藝春秋
発売日
2018-02-22
ISBN
9784163907758
amazonで購入する Kindle版を購入する

修羅の都 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

平家討伐から奥州藤原氏攻め、鎌倉幕府の成立、承久の乱まで。源頼朝の光と影を通じて、武家と公家の争いを描く。前半はイメージ通りの怜悧な頼朝が描かれる。冷徹に弟の義経や範頼を討つ。甲斐源氏の力を削ぎ、清和源氏による東国支配を確立する。後半では老耄する頼朝を描く。揺らぐ武家による東国支配。落馬による頼朝の死に纏わる説。北条執権体制の萌芽と承久の乱を契機とする武家と公家の支配層の交代が読める。頼朝と北条義時は成した事は、日本史でのひとつの革命であろう。朝廷の権威の下で、公家に代わり武家が支配する。画期的な事件。

2019/06/15

とん大西

正に修羅。もののふどもの政地にして聖地-鎌倉府の永遠を願い、戦い続けた初代将軍源頼朝と妻政子。手と手を携え互いを助け合い-そんな穏やかさが絵空事と思えるほどの試練、非情、無情。平家を倒したとはいえ未だ脆弱な鎌倉府。薄氷を踏むが如く頼朝のギリギリの駆引きが命綱の儚さモロさ。武家政権の黎明は頼朝に一時の静穏も許さない。傍らには政子。時に叱咤し、時に慈しみ、陰日向となって頼朝を支える。肉親の専横、御家人の欲望、朝廷の野望。幾人もの無念と屍を乗り越え修羅と化す。鎌倉を聖地ならしめる為、二人は修羅と化す。

2018/04/28

のぶ

源頼朝と北条政子を中心とした物語。自分はこの時代の事を良く知らないし、鎌倉幕府が開かれるまでの知識もほとんど持ち合わせていないが、人間、頼朝としての話を楽しめる作品だった。平家との争いに終止符を打ち、源義経ら親族との確執も描かれて、安定した幕府をどうやって築いていったのか。そんな流れで進行するが、将軍としての孤独や正室、政子との関係のドラマも興味深い。大きな事件が途中あまり出てこないので、迫力にはやや欠けるが、一時代を生きた人物の作品として面白かった。

2018/04/30

ゆみねこ

頼朝と政子が作り上げた武家政権は、多くの血の犠牲の上に。肉親を容赦なく切り捨てた非情の権力者と支えた妻。晩年の頼朝を見守る政子の心情が切なく思えました。

2018/08/09

さつき

源頼朝、北条政子の物語。武士の府を守るための二人の執念、覚悟が凄まじいです。政子には今までは関心を抱いてはいても、やはり実の子を自ら切り捨てたことが強烈すぎてあまり共感は持っていませんでした。この作品は、その点そうせざるを得なかった彼女の心情がよくわかり、新しい人物像を描けたのではと思います。晩年の頼朝の様子はひたすら辛いです。誰しもが陥りたくない状況ですね。しかも、死後は恐れていたことが実現してしまう…新しい時代を切り開いた人物のわりには晩年がパッとしないと思っていたので、この物語はしっくりきました。

2018/03/02

感想・レビューをもっと見る