読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

彼女は頭が悪いから

彼女は頭が悪いから

彼女は頭が悪いから

作家
姫野カオルコ
出版社
文藝春秋
発売日
2018-07-20
ISBN
9784163908724
amazonで購入する Kindle版を購入する

「彼女は頭が悪いから」のおすすめレビュー

なぜ「被害者」の女子大生が非難されたのか。東大生による強制わいせつ事件をテーマにした「非さわやか100%青春小説」

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ/文藝春秋)

「楽しい気持ちになりたい」「ほっこりとした、温かいものを感じたい」。そういった動機で日頃小説を手に取る人には、まずお勧めできない。帯にもあるとおり『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ/文藝春秋)は、2016年に起きた東大生5人による強制わいせつ事件をテーマにした「非さわやか100%青春小説」だからだ。

 おもな登場人物は横浜生まれ横浜育ちの神立美咲と、渋谷区広尾に住む竹内つばさ。2学年離れている2人はニアミスしながらも、大学生になるまで交わることはない。いや、そもそも交わるはずもなかったのに、最悪の偶然により出会ってしまう。そして初めのうちは美咲の動作を「チョロかわいい」と思ったのに、つばさはのちに彼女に性的暴行を加える一員となる。

 なぜ2人は被害者と加害者になってしまうのか。それはひとえに、お互いがあまりに違い過ぎるからだ。

 美咲は横浜とはいえ郊外で育ち、地元の中学から区内のマンモス高校に進学する。母親は祖父が経営するクリーニング店のパート、父親は給食センター勤務という、ごく普通の家庭だ。そして美…

2018/9/18

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「彼女は頭が悪いから」の関連記事

人気沸騰中! “東大”にまつわる書籍。今注目の3冊

 一般的な東大生のイメージといえば“ガリ勉”や“変人”が多いかもしれない。だが、世に多く出ている“東大本”を読んでいれば、それがあくまで“イメージ”にすぎないことがよくわかる。彼らはとにかく、ものをよく考えている。たとえば、勉強法ひとつをとっても、「どうすれば効率よく点数があがるか?」をきちんと考え、それを実行に移している。本稿では、そんな東大生が書いた本や、東大生について書いた本を紹介する。

■東大生クイズ王・伊沢拓司が語る勉強法とは?

『勉強大全』(伊沢拓司/KADOKAWA)

『勉強大全』(伊沢拓司/KADOKAWA)は、東大生クイズ王として知られる伊沢拓司氏が、自身の東大受験や予備校での指導経験を基に、勉強法についてまとめた本である。 “大全”というタイトル通り、「受験とはなにか」「勉強とはなにか」といった心構えから、実際の受験生活や勉強法のコツ、そして受験終了後の考え方までを網羅している。勉強法は、「全員にとってこれが正解」というものがない。だが、どんな場合にも共通する“コア”な部分はある。伊沢氏は、本書でその“コア”を言語化することを目指し…

2019/3/27

全文を読む

関連記事をもっと見る

彼女は頭が悪いから / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

普通に学生やってる東大生であれば、物申したくなるだろうなというのは理解出来る。私自身は"東大"にステータスを感じることを否定しない派。しかし、この事件の気持ち悪いところは、むしろ東大の外側、ネットという"世間"が勝手にそのステータスに迎合した点と感じる。もちろん加害者の学生は大きな罪を犯しているが、もっと偏差値の低い大学にもピラミッドは存在し、その中で、もっと鬼畜な所業も多く行われているはずであり、そういう意味では「東大だから騒がれた事件」という見解に一票だったりする。

2019/06/15

starbro

姫野 カオルコは、新作中心に読んでいる作家です。著者がどういう意図で本作を書いたのか解りませんが、東大学歴コンプレックス非さわやか100%青春小説、私はフェミニストなので、読んでいて大変辛くなりました。レ●プの方がまだマシだったなんて。本事件を起こした東大生達は、全く反省していないんだろうなあ。キャリア官僚をはじめとして、頭は良く勉強が出来るんだろうけど、社会的にはお馬鹿な人が多い気がします。税収が半分しかないのに、倍の予算を作る財務省は馬鹿の極みです。

2018/07/31

鉄之助

実際にあった東大生・集団暴行事件に着想を得たフィクション。「東大」がブランド化し、頭が良いことが人間の価値となっている現代を皮肉った作品、に思われた。頭が良い、悪いの基準はいったい何なのか? 考えさせられた。相手を意のままに操ろうとしている東大生の方が、よっぽど頭が「悪い」のでは…。「ネットが危険なのは、全ての文字が均一の電子活字だから」。人間的に未熟なヤツのヒステリックな意見も、すべて同じく公的見解に見えてしまう。いまの生きにくさが、リアルに感じられた。

2019/08/21

ウッディ

東大生による集団強制わいせつ事件を描いた小説。真っ当に育ち、少し恋に奥手な美咲と東大生というブランドを手にして、何事も思い通りになると感じるつばさとの恋愛観のすれ違いが生んだ悲劇。東大生達の人を人とも思わない態度と選民意識に読んでいて気分が悪くなってしまった。タイトルの「頭が悪い」という言葉の意味は、知識がないことや偏差値の低い学校に入ることではなく、人としての幸せの意味知らないお前達のことなのだと言ってやりたい。小説としては面白かったけど、文章は読みにくく、読了するのに時間がかかってしまった。

2019/03/30

ケンイチミズバ

東大坊主たちだけじゃなく、親もそろってまともじゃないし、この親たちがこの子らを作ったとも言える。外見、偏差値、年収、家柄で人を判断し、人を見下す日常が当たり前でいる。道徳の欠落ぶりと計算高さは精神疾患とすら思える。人の痛みが理解できない脳の働きは呆れるしかない。身内をかばう東大閥コネクション、ネットを駆使し被害者を貶める東大サポーター、あらら弁護士も検察官も東大卒とは、性犯罪が赤裸々に報じられるわけがないのに情報の一部だけで被害者にとどめを刺すネット、全てがクソだ。しかし、これは東大生だけとは限らない。

2018/09/18

感想・レビューをもっと見る