KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

火星人の殺し方

火星人の殺し方

火星人の殺し方

作家
松本人志
出版社
文藝春秋
発売日
2018-08-09
ISBN
9784163908830
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

火星人の殺し方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひらちゃん

芸人の方々はネタを作るのだから、お題があったら面白いものを書いて来るんじゃないかと、ね。IPPONグランプリのように、その場で短い事なら笑える。けど書いてしまうと少し違うかな。面白いものもあったけど、クスっと程度だった。

2018/10/21

りんご

文章大喜利。「火星人の殺し方」「ゴリラへの詫び状」「なぜ日本人はうんこが好きなのか」がお題で、原稿用紙一枚程度の回答。ショートショートよりもっと短いので、連続して読むと飽きちゃうな。文章ならではの面白みは確かにあるけど、やっぱり1行程度でキレがある方が強い印象を残す。気に入ったのはもちろんうんこ。回答の一部抜粋。「日本人はガチャガチャが大好きな人種です。ガチャとうんこはどんなものが出るかワクワクするという共通点があります。」 今年もM−1グランプリの季節ですね。

2022/12/18

ぐうぐう

画期的な試みだと思う。松本人志からのお題に後輩芸人達が答える大喜利なのだが、ユニークなのは、その答えを原稿用紙一枚程度の長さに設定していることだ。松本人志曰く「文学的大喜利」。TVはどうしても瞬発力が必要になってくるし、最近の傾向としてわかりやすさが前提となっているわけで、短いセンテンスでの笑いが求められがちだ。そういったいまどきのTVでは笑いを発揮できない芸人もいるはず。楽屋では面白いのに収録では活きない、そんな芸人の面白さを引き出そうとして企画された『すべらない話』を発想した松本ならではだ。(つづく)

2018/08/20

紫伊

題名が気になって手に取った本。松本人志が出すお題に対してお笑い芸人が文章で大喜利するという企画。大喜利を読むというのは見るのとは違う角度の面白さでした。お題は「ゴリラへの詫び状」がすき。普通の大喜利でも見てみたいなと思いました。

2019/01/21

まゆまゆ

松ちゃんの「パワハラ」笑 で生まれた文章の数々。内容はホントにくだらない(いい意味で笑)ものなのですが、何故か引き込まれる😂 めちゃめちゃ真剣に読んじゃいました笑 この人たち、普通に小説書けるんじゃないかなあ? まえがきに「お笑い芸人は守備範囲が広くて、基本的に何でも出来ると思っている」とありましたが、まさにその通りだなあと。これ、第2弾希望します!

2019/12/21

感想・レビューをもっと見る