読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

影ぞ恋しき

影ぞ恋しき

影ぞ恋しき

作家
葉室麟
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-13
ISBN
9784163908953
amazonで購入する Kindle版を購入する

影ぞ恋しき / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

葉室作品は卒業と言いながらそこから幾つも読んだ。そして葉室麟が逝ってからこの新刊が。『いのちなりけり』を読んだのはいつだったろう。三部作最終巻とあるが、今作だけでも十分成り立つ。武士とは・・政とは・・討入りや大奥、将軍継嗣等々お側の者の覇権争いも盛り沢山だったが、これは家族の、夫婦の物語だ。「いつまでも肩を並べ、影を並べて美しい景色を眺めて参りたい。」これ以上の妻の言葉があるだろうか。我が夫婦未だその境地に非ず(汗)お互いに「友」と言う清武と蔵人の言葉がラスト胸を打つ!

2019/03/22

starbro

故葉室 麟は、新作をコンスタントに読んでいた作家です。本作は遺作・最後の長編でしょうか?江戸時代中期、超名人も多数登場し、華やかで渋い作品でした。紀貫之「色も香も昔の濃さに匂へども植えけむ人の影ぞ恋しき」著者の新作がもう読めないのは、寂しい限りです。

2018/10/29

優希

面白かったです。タイトルは紀貫之の短歌から取られたのですね。蔵人と咲弥の絆に折々出てくるのが印象的でした。様々な想いが交錯し、武士の生き様を見たようです。爽やかで気持ちの良い読後感を味わいました。遺作というのが寂しさをおぼえます。

2020/11/18

ひらちゃん

葉室凛さんの新刊。なんと「いのちなりけり」の続き。迂闊にも「花や散るらん」は未読です。しかし、読みたい気持ちは押さえ切れずに読み出しました。なんと、こんな続き方。娘も妻も蔵人と同様に生きており、清々しい。そして、どんな時にも頼れる漢です。雨宮蔵人。だからでしょうか。次々と敵が味方になっていきます。敵も友に変わる生き様。また会いたい。もう続きは読めないと思うと無性に寂しいです。先ずは「花や散るらん」でもう一度、蔵人達に会ってこようと思います。

2018/11/03

hiace9000

葉室麟最後の長編小説は、葉室武士道の集大成たる傑作快作。次から次へと現れる敵方、その闇深い思惑と史実の絶妙なる掛け合わせの巧みさは言うに及ばず。他のどの作品においても作者が常に希求し、信じて止まない"誰人たれとも心奥にもつ人としての真の生き方とは何か"を、士道の忠義、忍びの非情と同時に夫婦、親子、友情と絡めて丹念に描き切り、壮大なる人情作品に昇華。本作における迫真の殺陣の描写は、眼前に実写映像がありありと浮かぶほど。蔵人が咲弥に贈った和歌への、咲弥の返歌には胸打たれる。男惚れする漢、またここにも見つけたり

2020/08/14

感想・レビューをもっと見る