読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

想い人 あくじゃれ瓢六

想い人 あくじゃれ瓢六

想い人 あくじゃれ瓢六

作家
諸田玲子
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-21
ISBN
9784163909011
amazonで購入する Kindle版を購入する

想い人 あくじゃれ瓢六 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

六さん、お久しぶりです。連作6話どれも好い。一気に読めます。生きていた。生まれていた。さあ、さあ、瓢六どうする?生きてさえいてくれたなら、そして今が幸せなら・・ええぃ、お袖は焼きもちやきだもの、記憶が戻っちゃね、そこはすんなり行く筈も無く。奈緒が一枚上を行く、賢く出来た好い女だってことで一件落着ですね。このシリーズまだまだ続くのかな?

2018/10/22

初美マリン

久しぶりに読んだあくじゃれ、とてもいい人になっていた。火事で行方がわからなっていた、奥様に会えて良かったですね!

2020/03/04

keiトモニ

“お袖が冬木町に訪ねてくれたというのに、何ということをしてしまったのか”☚あ~あ、それこそ何というこっちゃ!またすれ違いか、と思ったら…。ここでお袖のなかなかしぶとく復活!さすが元辰巳芸者、威勢のいい啖呵も懐かしい。で“仲間”の旗本の次男坊✌○様、鼠小僧でなく狐小僧か。親の旗本は事務次官。狐小僧に似てセクハラ次官に出会い系バー通い次官、どっちも出合茶屋でのお楽しみじゃ。しかし涙する“とんだお手間を取らせやしたが…ちえ様は手前の捜しているお袖とは別人の様でございます”☚ 泣かすねぇ。瓢六さんよおめえは強ぇ。

2019/04/25

星落秋風五丈原

いやーやっと再会できてよかったよかった。脇役にしてはビッグな勝海舟はこれから本格的に活躍するのか?40になってもモテモテの瓢六。遠山の金さんもさりげなく登場。

2018/10/02

真理そら

ここまでの5巻を復習のために再読した。忘れっぽい自分にゲンナリする読者である。カバー絵が若干ネタバレ感があるものの奈緒のキャラが魅力的なので楽しく読めた。身重だから人妻で、身形から江戸の粋筋の女だということは分かっていたはずなのに身元を探そうとせずに妻にしたのは、助けた瞬間に佐野は恋に落ちたのかもしれないなあ。愛情表現が下手な上に、過去の想いを断ち切れない相手への想いを奈緒は自分の中でどう受け止めていたのだろう。奈緒中心の番外編も読みたい気分。それにしても豪華な脇役達だった。

2018/10/25

感想・レビューをもっと見る