読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

任務の終わり 下

任務の終わり 下

任務の終わり 下

作家
Stephen King
スティーヴン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-21
ISBN
9784163909073
amazonで購入する

任務の終わり 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上下巻、627頁、ミステリ三部作、全六巻2,000頁弱完読しました。スティーヴン・キングだけあって単純なミステリというよりも、やはりホラーな気がします。本作でBMWが登場するのは、メルセデスに対する対抗意識でしょうか?今後もキングを読み続けますが、モダンホラーの帝王として君臨し続けて欲しいと思います。

2018/10/11

KAZOO

下巻に入るとこの悪の権化のようなサブ主人公が体を入れ替えての大活躍ですね。キングの本領躍如たる感じです。ドリームキャッチャーを思い出したりしながらイメージを頭に浮かべつつ読みました。私はこのような場面になると楽しくてページをめくる手が止まらなくなります。あっという間の楽しい時間でした。

2019/06/05

のぶ

下巻に入り話の中心は、メルセデス・キラー、ブレイディの行動を中心とした描写に移っていく。だが病院を出られない彼にとって、何を画策しているのか分からない。ホッジズとホリーも探偵として懸命に行動を開始するのだが・・。こんなストーリーなのだが、「ミスター・メルセデス」と「ファインダーズ・キーパーズ」の内容をほとんど失念している自分にとってはもどかしい読書となった。本作に限った印象は、キング初めてのミステリーとの事だが、文章の端々にホラーの要素が込められていて、やはりキングはキングだと思った。

2018/11/04

ちょろこ

三部作完結、の一冊。三部作、追いかけて来てそして今作で完結。アメリカ社会の現実問題を上手くゲームに絡めながら読ませていくブレイディの復讐。しつこい執念、支配欲の塊であるブレイディに立ち向かうホッジズチーム、ラストの対決シーンは映画を観ているようなハラハラドキドキ感でいっぱいだった。最後の最後まで彼らのチームワーク、そして何よりも心の結束を思う存分見せてもらった気分。任務終了、最高な姿と心を見せてくれた彼らに思わず流れた涙。本を閉じ真っ先に浮かんだ言葉は「おつかれさま」

2018/11/29

たいぱぱ

三部作完結編は良くも悪くも、キングらしいハリウッド映画的作品でした。特に得るものも感動もないけれど、ラストシーンは嫌いじゃないです。タイトルもラストシーンで生きてくる。キング自身のあとがき「物事には好転する可能性があり、あなたが機会さえ与えるなら、かならず好転するからだ」という言葉が本編より好きだ(笑)。訳者あとがきに『回想のビュイック8』が映画化されると書いてありました。あの風変わりなヘンテコ作品が大好きなので小躍りしてしまいました。

2018/12/29

感想・レビューをもっと見る