読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

穴あきエフの初恋祭り

穴あきエフの初恋祭り

穴あきエフの初恋祭り

作家
多和田葉子
出版社
文藝春秋
発売日
2018-10-18
ISBN
9784163909172
amazonで購入する

穴あきエフの初恋祭り / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

私の好きな作家さんの一人で最近の短編作品集です。短編とは言いながらも本当に文学の世界を堪能させてくれます。「鼻の虫」などは芥川の「鼻」を連想してしまいました。非常に言葉をうまく使っている感じがいつもします。短編でありながら本当に物語を堪能したという気になります。

2019/03/03

nico

言葉遊びと独特のリズムのある文章にニヤリとなる短編集。特に『文通』『おと・どけ・もの』が好き。「背伸びしすぎて、前につんのめって倒れそうになる手紙」「ありもしない三つ目の頬を打たれた気分」等々、多和田さん特有の表現に笑った。気になったのは「世の中ではどんどん単語が死んでいく」のくだり。「死語」と呼ばれるように、時代の変化とともに遣われる言葉の変化も激しい。多和田さんのように海外在住の人にとって「喪われた日本語」はよりショックなことなのだろう。言葉の変化は自然の成り行きのように思っていた私もショックだった。

2018/12/12

みあ

7つの短編小説集なので気軽に読めるかと思ったが、相変わらず中身が濃く内容が深い。多和田さんの小説を読むといつもアリスのように深い穴に落ちていってるような気がする。摩訶不思議な魑魅魍魎が蠢く世界が口を開けて待っている。私が見ている世界は真実ですか?そう問われた私は答えを必死に探す。ものの見方なんてあっけなく変わるし、私自身もあっけなく変わる。その魔法の呪文は「多和田葉子」。彼女の作品はいつも私を日常から連れ出し、そして再び戻ってもそれは今までの日常とは微妙に違っている。

2019/12/25

tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。

☆5.0 『穴あきエフの初恋祭り』タイトルで既にワクワクなのに 登場人物名は「魚籠透(ビクトル)」と「那谷紗(ナターシャ)」 言葉と思考のバトル全開!多和田葉子祭りの幕開けだ。ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ  表題作含む7篇を収録。

2021/01/31

ベイマックス

途中で諦めました。理解できないと難解は違うと思うんだけど…。ふ~ん…、まっいいや、何だかんだと考えたけど、理解できない物は理解できない。理解できる作品、自分に合う作品、自分が感動できる作品を単純に読みたいです。なんちゅう感想なんでしょうか(笑)

2021/02/22

感想・レビューをもっと見る