読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こちら横浜市港湾局みなと振興課です

こちら横浜市港湾局みなと振興課です

こちら横浜市港湾局みなと振興課です

作家
真保裕一
出版社
文藝春秋
発売日
2018-11-09
ISBN
9784163909226
amazonで購入する

こちら横浜市港湾局みなと振興課です / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

真保 裕一は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。横浜に地縁があり、港湾局みなと振興課の設定が新鮮で期待して読みました。十分ドラマがありそうなので、ミステリータッチにしなくても良いのではないでしょうか?少し中途半端な気がします。

2018/12/05

修一郎

地元の横浜発信の真保さんの小役人小説,横浜の歴史を題材に取っているお話なので親近感あって楽しい。山手地区は確かに山を切り開いて宅地化した独特の地形してるし,外国人の増加と共に街が拡大したのが横浜ですよね。軽めタッチでこのままドラマ化されそうな感じ。次は評判がイイ真保さんの初期の小役人シリーズを読んでみます。

2019/03/09

さっこ

横浜市港湾局みなと振興課に配属されたスーパー新人と先輩職員とが、数々のトラブルを解決していくのですが、後半に進むにつれミステリ感が増して読みやすくなりました。じわっとくる終わり方も良かったです。

2019/10/02

よんよん

真保さんのお仕事小説かと思いきや、多分にミステリー色の盛り込まれたお話でした。横浜市役所職員の暁帆の下に配属されてきたやり手エリート新人の城戸坂が一緒に解明していった先にあったものは…市民の利益を考え、仕事に取り組む熱い気持ちが読後感をスッキリさせている。

2018/12/28

keiトモニ

まあリアリティがあったのは氷川丸の恩人“レストランでの密会から2時間後自分の車に男を乗せてホテルを出ると横浜の街に消えていった”ってところ。まさにTVに写されたあの情景が目に浮かぶ。大手弁護士事務所で活躍するベテラン弁護士、市長とは大学時代から深い中。つ~ことは、新市長が山尾志桜里で、弁護士が倉持弁護士となるな。無断で“同伴ロス出張”って、まだ懲りずにやってんのかよ。アホたれが!しかし激務の如く描かれてますが、地方公務員や中央官庁出先のお仕事状況はこんなんじゃないだろう。現状は皆さんが現場を見ての通り…。

2019/05/27

感想・レビューをもっと見る