読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

還暦着物日記

還暦着物日記

還暦着物日記

作家
群ようこ
出版社
文藝春秋
発売日
2019-01-11
ISBN
9784163909530
amazonで購入する Kindle版を購入する

還暦着物日記 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

久しぶりに群さん。還暦かぁ。着物を愛して40年!お母様とのあれこれ綴ったエッセイを思い出した。「単純に好きだから着ているにすぎない。」群さん自身のこの言葉に尽きる。写真も沢山で嬉しい。同じ着物でも帯一つ、帯締め一つでガラッと変わるのが愉しい。タンスで眠っている私の着物たち・・眠ったままじゃ可哀相だわね。自分で着られるようになるのが先の問題だった(汗)群さんと老猫の関係も楽しい。

2019/01/29

Kei

着物を召された群さんがとても美しく、また、お持ちの着物の数々がとても上品で華やか、かつ可愛いらしくて、写真を眺めるだけでも、楽しかったです。群さんの著作を読むと、母弟とのお金のバトルや彼女自身のこだわりの生活に、息苦しさを、私は感じていました。が、すごく楽しんでる!お着物で皆とランチなんかしちゃって。なんだか、ほっ。(笑)地味目着物、グレイヘアー頑な系じゃなくて、なんだか、ほっ。(笑)着物を選んだり、着る時の実用知恵も盛りだくさんです。

2019/02/25

14番目の月

外に着物を着ていけないのは、群さんのようなこだわりを持って着物を着ている方の厳しい目があるからだと思います。 袷や単衣、浴衣の季節感が合っていないとか、これとこれと併せるのはちょっと…、等々。 洋服を自由に着ていても、それはそれで個性、周りの人は何も言わない。 でも着物だと途端にそれは…と気にとめる人が必ずいる。 怖くてとても外では着られないと思ってしまいました。

2020/01/03

万葉語り

着物を着て出かけたくなる一冊でした。ゆるく日常着として楽しむ、群さん独特のコーディネートが参考になったり刺激になったり、面白かった。ずっと行くかどうか悩んでいた週末のコンサートに着物で行ってみようかなという気持ちになった。2019-053

2019/03/21

ゆか

群ようこさんの着物エッセイ。「着物を愛し「着たい時に着る、ただそれだけ」」という着物へのスタンスは、理想です。物をこれ以上増やしたくなく、断捨離をしたい私にとって、娘が絶対着ないと言い張る着物を今後どうするかは自分の中の課題です。晩年はある着物だけを着て暮らしていきたいですが、ウールなどの普段の着物は、ピンクなど若い時のものばかりです💧群さんの素敵なお着物を見ているだけで気持ちが華やぎました。お召になったお姿の写真がもっとあるとよかったです。

2019/04/02

感想・レビューをもっと見る