読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あなたのためなら 藍千堂菓子噺

あなたのためなら 藍千堂菓子噺

あなたのためなら 藍千堂菓子噺

作家
田牧大和
出版社
文藝春秋
発売日
2019-01-24
ISBN
9784163909608
amazonで購入する

あなたのためなら 藍千堂菓子噺 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

初美マリン

タイトル通り、あなたのためなら。いい人というはどんな人のことだろうか?見返りを求めない?相手のことを思う❓とにかくいい人ばかりの作品

2019/03/11

タイ子

シリーズ第3弾。いいですね~、各章のタイトルに雨がからんでてしっとりと切なく優しく読ませてくれます。「藍千堂」菓子屋を営む晴太郎と幸次郎兄弟のお菓子への愛と、家族への愛が甘くて「何やそれ、読んでる方がとろけるわ」と思いつつ、いつの間にか涙がこぼれる…卑怯なり、田牧どの。茂市が寝込んで昔を思い出すくだりは、前作を忘れかけてる読み手に優しい心遣い…感謝なり、田牧どの。今回の肝はお糸の結婚話から思わぬ方向に男と女の情愛話へと。これが切なくてねぇ、人と人との絆が教えてくれる和菓子の極意。満足いたしました。

2019/04/18

はる

田牧さんの作品の中でも一番好きなシリーズです。落ち着いた優しい雰囲気が心地良い。序盤は穏やかですが、茂市の過去、お糸の恋、そして終盤のハラハラする展開と今作も期待通り楽しめました。ラストの引きも巧い。これでは続編も気になってしまいます。楽しみ。

2019/03/22

ゆみねこ

菓子司藍千堂シリーズ第3弾。晴太郎と佐菜が夫婦になり、藍千堂は順調に。今作は百瀬屋と一人娘・お糸のピンチが主軸。さて、この先お糸と幸次郎はどうなる?続きを楽しみに待ちます。

2019/05/20

itico

晴太郎、幸次郎兄弟と職人の茂市で商う上菓子屋に晴太郎の妻と連れ子が加わって、餡子の甘い香りと小さな天使の笑顔でこちらまで幸せな気持ちになる。しかしその思いも束の間、兄弟の従妹のお糸に訪れた災難。後半は重く苦しい話だった。お糸の両親が兄弟に与えた仕打ちを思えば、お人好しすぎる兄弟の行為。でもだからこそ私はこのシリーズが好きなんだな。次回も新たな展開がありそうな予感に早くも待ち遠しい。

2019/04/28

感想・レビューをもっと見る