読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

座席ナンバー7Aの恐怖

座席ナンバー7Aの恐怖

座席ナンバー7Aの恐怖

作家
セバスチャン・フィツェック
酒寄進一
出版社
文藝春秋
発売日
2019-03-08
ISBN
9784163909929
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

娘の命が惜しければ、おまえがいま乗っている飛行機を落とせ。
事件解決のデッドラインはブエノスアイレス発の旅客機がベルリンに着陸する瞬間。
とんでもない仕掛けをひそませた〈閉鎖空間タイムリミット・サスペンス〉!

出産を控えた娘に会うため、精神科医クリューガーは旅客機に乗り込んだ。だが機が高空に達したとき、携帯電話が鳴る。相手は言う――娘を誘拐した。解放してほしければその旅客機を落とせ。同機のチーフパーサーのカーヤは、高校生だったときに無差別銃撃事件に巻き込まれ、心の傷を負ってクリューガーの患者となった。彼はカーヤの心の弱点を知り尽くしている。そこを突いて彼女の心を破壊し、飛行機を落とせ。

一方、ベルリン。クリューガーの娘ネレは若い男に拉致された。どことも知れぬ廃墟に監禁されたネレ。その行方を追うクリューガーの元恋人フェリ。空の密室に閉ざされたクリューガーは、なんとか事態の突破口を見出そうと恐怖に駆られつつ奔走するが、謎は深まるばかり。無差別銃撃事件の隠された真相とは? そして、なぜ機内には死んだはずの彼の妻の香水がどこからともなく香ってくるのか……?

飛行機内で展開する謎また謎。監禁された女性をめぐる必死の追跡と、その陰に張り巡らされた奸計また奸計。ドイツのベストセラー作家が再び贈る閉鎖空間サスペンス。すべての謎が解かれたとき、物語全体に波及する真実が明らかになる!

座席ナンバー7Aの恐怖 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

ドイツのはじめての作家さんです。翻訳では2冊目のようですがこちらを先に読みました。この精神科医の主人公の気持ちにのめりこんでしまいました。私も飛行機(高所)恐怖症でこの主人公の気持ちがよく理解できました。ミステリーとは言うものの、どちらかというと人格に絡む感じがしたので日本の作家の折原一さんの作品を思い起こしました。嫌いではないのですがよく名前を覚えていないとこんがらかる気がしました。前作(船の中での話)も読もうと思いました。

2019/09/26

🍇

乗客となる主人公は飛行機恐怖症の精神科医。出産を控えた娘に会う為にブエノスアイレスからベルリンへ。彼が自分の恐怖症を押してまで旅客機に乗った矢先、飛行中にその旅客機を墜落させろという脅迫を受ける。飛行時間は13時間、タイムリミットが迫る飛行中の機内の緊迫した様子と誘拐された愛娘の事件が交互に進む。先が気になり一気読みでした。 脅迫者の本当の狙いと綿密に仕組まれた計画に驚きました。離陸と着陸の瞬間が堪らなく飛行機好きの私はこの物語かなり楽しめました。

2019/09/02

まるけん

久々の洋物。前回は『船物』。今回は『航空物』。A-380の機内で起こる恐怖。そうそう、ANAのホノルル便もA-380になり、好調のようですねぇ。一方でJALが国内線にエアバスA-350を導入し…、すみません。レビューになっていませんでしたぁ。タイトルに惹かれて手にしましたが、はっきり言って、『航空物』として読むと全然つまりません。精神科物でしたかぁぁぁ…。でも彼がベジ❓になってからの最後の方は好きでした。次はお好み作者リストから『雪冤』へ。

2019/09/23

aquamarine

娘の出産に立ち会うため、苦手な空路でベルリンに向かう精神科医クリューガーに、娘を誘拐したこと、娘の解放の条件は旅客機を落とすことだという電話が入る…。閉鎖空間、タイムリミット、精神科医として接した過去の患者。機上と地上が交互に語られることで何が起こっているのかを組み立てながら一気に読まされてしまいました。正直どの登場人物にも共感はできませんし、突っ込みどころもあると思いますが、前作よりスピーディで分かりやすく、ラストの衝撃もなかなかで良かったです。サスペンスとしてもミステリとしても楽しみました。

2019/05/13

とくけんちょ

非常に読みやすく、スピード感が味わえる。前作と比べると、場面場面の想像がしやすく、頭の中でシーンが浮かんでくる。飛行機と地上で事件が同時進行し、事件自体も誘拐もので進行形。それに加えて被拐取者は、一刻も早く救出する必要がある。主人子は飛行機に搭乗中で、もっと駆けつけたいのに駆けつけられないというジレンマを読者が共感できれば、緊張感のあるサスペンスになったのではと思う。いずれにせよ、良質なハイスピードサスペンスです。

2019/08/24

感想・レビューをもっと見る