読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

デカルトからベイトソンへ ――世界の再魔術化

デカルトからベイトソンへ ――世界の再魔術化

デカルトからベイトソンへ ――世界の再魔術化

作家
Morris Berman
モリス・バーマン
柴田元幸
出版社
文藝春秋
発売日
2019-07-25
ISBN
9784163910215
amazonで購入する Kindle版を購入する

「デカルトからベイトソンへ ――世界の再魔術化」の関連記事

佐渡島庸平 今月の「この本にひとめ惚れ」『「ついやってしまう」体験のつくりかた』『夢はボトルの中に』『デカルトからベイトソンへ』

『ダ・ヴィンチ』本誌の人気連載コーナー「この本にひとめ惚れ」から、コルク代表・佐渡島さんのひとめ惚れ本を紹介。『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』といった大ヒット作品を世に出した天才編集者・経営者が“ひとめぼれ”した本をチェック!

『「ついやってしまう」体験のつくりかた  人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ』 玉樹真一郎 ダイヤモンド社 1500円(税別)

装丁:三森健太(JUNGLE) 編集:和田史子 編集協力:石川 円

コルクで行っているグッズ製作やイベントづくりのヒントになりそう。

『夢はボトルの中に「世界一正直な紅茶」のスタートアップ物語』 セス・ゴールドマン、バリー・ネイルバフ:著 関 美和:訳 英治出版 1600円(税別)

装丁(日本語版):大森裕二 イラストレーション:サンギョン・チョイ 編集(日本語版):山下智也

青山ブックセンターの選書フェア棚で、ビジネス書マンガとしておすすめされていたのを発見。

『デカルトからベイトソンへ 世界の再魔術化』 モリス・バーマン:著 柴田元幸:訳 文藝春秋 3800円(税別)

装丁(日本語版):中川真吾 編集(日…

2019/12/3

全文を読む

関連記事をもっと見る

デカルトからベイトソンへ ――世界の再魔術化 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

春風

原題に見られるEnchanteは、魔法にかける、魅了するという意味。主体客体分裂的な隔たりを以って知を定義する現代社会に、主体客体のつながりを意識した融和的な知を取り戻そうと、ベイトソンを担ぎ上げ、ぶち上げた、一大パフォーマンス。西洋的“知”の変遷をパラダイムの形成に一役買った人物達を追いながら点検し、ベイトソン的全体論を持ち出しReenchantmentを提案する。主客融合的知はむしろ、日本の十八番であった筈なので、没入して、世界に参加するというのは、日本に於いては受容される素地があるのではなかろうか。

2019/10/02

tokko

たいへん興味深い内容なんだけど、難しいです。デカルトからガリレオ、ニュートンへと続く精神の疎外にあまりにも慣れてしまっているので、何となくわかってもそれをどのように活用していいのかわかりません。(その発想自体が近代的なのかもしれないが)でもこの本には現代の抱える難解な問題を解決する「何か」が書かれているように感じます。

2019/08/26

吟遊

80年代のポストモダンは「ノリが軽かった」。それよりは60年代のベイトソンのほうがよかった、と思えるかもしれないいまだからこその復刊。佐藤良明さんは巻頭コメントもさすが。だが、この本の内容、さほど目新しいだろうか?

2019/09/19

emuuwaii

デカルト的世界観・機械論的世界観・科学的世界観を批判する一方で、錬金術的世界観にただ単に戻るのではなく、ベイトソンの思想を導きの糸に、新たな主体/客体・精神/身体観、世界のあり方を探った本。「参加する意識」「関係」がキーワード。この本が書かれたころ以上に、現在はこの本が取り扱っていた問題が先鋭化している気がする。あと、「関係」を強調しつつ、ある関係の問題点について語るとき「原因ー結果」の罠に陥っている気もしたり。膨大な知識量で消化しきれないが、筆者の熱い(メタ?)メッセージは伝わってきました。面白かった。

2019/09/23

kentaro mori

噂には聞いていたが、とても面白かった。人類は科学を知り、何を得て何を失ったのか。ベイトソン入門にばっちり。⚫️人類の歴史の九十九パーセント以上にわたって、世界は魔法にかかっていた。人間は自らをその世界の欠かせない一部として見ていたのだ。わずか四百年余りで、こうした認識がすっかり覆され、その結果、人間的経験の連続性、人間精神の全体性が破壊されてしまったのである。そればかりか、地球そのものがいまや破滅の一歩手前まで来てしまった。ふたたび魔法をよみがえらせることにしか、世界の再生はないように感じられる。

2019/07/31

感想・レビューをもっと見る