読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いけない

いけない

いけない

作家
道尾秀介
出版社
文藝春秋
発売日
2019-07-10
ISBN
9784163910512
amazonで購入する Kindle版を購入する

いけない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

道尾 秀介は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。厭謎ミス連作短編集、雰囲気は楽しめましたが、完全に理解出来ていません。再読しないと『いけない』⇒原則再読しません。オススメは、『その話を聞かせてはいけない』でした。『馬珂』という名前は、日本社会で非常に生き辛い名前です。

2019/08/12

まるけん

『いけない』。まさにイケませんでしたぁ。気持ちよく。時間をかけすぎて細かな記憶が繋がらなかったのかな…。全ての物語が繋がっているのは分かりました。アノ狭いエリアの出来事なのもわかりました。平和が一番なのも分かりました。でもスッキリしなかったぁぁぁっ。またいつか最初から読んでみます。やっぱ読書は『入り込まないと』ですねぇ。中途ハンパな入り方じゃねぇ、奥さん。それはさておき、次は久々の奥田さん、『沈黙の町で』。次はガンガンいきまっせ。

2019/09/02

bunmei

一つ一つの事件にかかわる人々が絡み合い、最後の章で全てを回収していく、道尾秀介さん得意の連作サスペンス。自殺の名所『弓投げ崖』での交通事故をベースにしながら、別々の事件が展開し、3章までは❓が残ると思います。しかし、その各章の終わりに掲載れている1枚の写真こそが、本編の謎解きのヒントになっているので、見落としにご用心!まんまと筆者に騙されていたことに気づかされ、4章に繋がります。多分、二度読みしてみるとスッキリするかもしれません。そして、第4章では、これらの全ての事件が繋がりを見せて、謎が明かされます。

2019/08/20

三代目 びあだいまおう

『まずは各章の物語に集中』と帯にあり、いつもの倍くらい時間をかけた。行きつ戻りつ見逃すまいぞと!海沿いの閑静な町に起こる色んな事故や事件の連作短編。自殺の名所も相まって目撃者や証拠に乏しく、どの推理も確信に少しの違和感を残しながら作品が進む。スゴい!隠された真相に気付いた時の驚きより、その隠し方の秀逸さに驚愕!作者と読者の真剣勝負、読書好き冥利に尽きる完敗体験!普通に再読しても届かないでしょう。特に一章のは!警戒して、行きつ戻りつ読んでさえ、著者の企みに翻弄され辿り着く真相!これ新しい読書体験です‼️🙇

2020/02/16

hiro

第一章の「弓投げの崖を見てはいけない」は、シェアード・ワールドのアンソロジー『晴れた日は謎を追って がまくら市事件』で読んでいた。その時には、舞台となった蝦蟇倉市で起こるだろう事件についても読みたいと思った。道尾、伊坂、米澤さんら10名の作家でつくった、ちょっと変わった蝦蟇倉市の雰囲気を残しながら、この『いけない』では、二章、三章も新しい事件が起こり、より複雑になってパワーアップしていく。この登場人物、事件の繋がりは、シェアード・ワールドでなく、まさに道尾ワールドとなって我々読者を楽しましてくれる。

2019/09/03

感想・レビューをもっと見る