読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いけない

いけない

いけない

作家
道尾秀介
出版社
文藝春秋
発売日
2019-07-10
ISBN
9784163910512
amazonで購入する

いけない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

道尾 秀介は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。厭謎ミス連作短編集、雰囲気は楽しめましたが、完全に理解出来ていません。再読しないと『いけない』⇒原則再読しません。オススメは、『その話を聞かせてはいけない』でした。『馬珂』という名前は、日本社会で非常に生き辛い名前です。

2019/08/12

修一郎

伏線職人と呼ばれた初期の道尾が戻ってきたような技巧たっぷりのミステリーです。この油断できない感じ,久しぶり。ちょっと無理がありそうなやつやなるほど!ってやつもあって,全部理解したい人は再読必至です。3章はピシッと最後の絵が決まりました。全編謎解き本,楽しめました。。。

2019/08/08

おしゃべりメガネ

う〜ん、ビミョー。久々の道尾さん作品でしたが、読んでる自分が歳とったからなのか、以前はガッチリとハマっていて作風がイマイチ、ハマらなくなっていて。三部構成からなる連作ミステリーで仕掛け自体はスゴいのかもしれませんが、読んでる自分の読解力のなさか、これまたイマイチ、肝心なポイントを逃してしまっているようで。きっと再読したら、更に謎はクリアになるのでしょうが、正直再読するほどの魅力は今のところ感じられず。読んでて「うわぁ〜」ってなっていた作者さんの初期の頃の作風が懐かしく、やっぱりそういうの期待してます。

2019/08/22

黒猫

ああ好きだ。仕事の外回り中にサボってこっそり本を読む時よりも、猫のお腹にもふもふ顔を埋めて手加減のない連続キックを喰らう時よりも、本作「いけない」が好きだ。まるで難易度の高いパズルに挑むかのような謎解きの快感がぞくぞくと骨の髄から湧きあがり、神経細胞を伝って頭の芯まで痺れさせてくる。これほど巧妙な謎を散りばめるだけで明らかなる天才なのに、著者が紡ぎ出す文章がそれはもううっとりするほど美しく、危ない薬に手を出してしまったかのように恍惚としてしまう。あまりに強烈な中毒性に人の道を外してしまいそうだ…いけない。

2019/08/13

タイ子

すごいなぁ、こんなトリックを仕掛けてくるなんて。文章だけではなく、各章の終わりの絵や写真が与えるインパクトの面白さ!誰が死んだ?何で死んだ?誰が殺した?フツーに読んだらよくあるどんでん返しのミステリーに終始するかもしれないが、ストーリーの裏に隠された真実にすべてワナがかけられているところに道尾さん流の「どうだ、まいったか?」と言わしめる楽しさがある。そして、道尾さんが書く作品すべてに共通する優しさも忘れていない。そうだったのか!感の味わえる再読必死の作品。

2019/08/07

感想・レビューをもっと見る