読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

金足農業、燃ゆ

金足農業、燃ゆ

金足農業、燃ゆ

作家
中村計
出版社
文藝春秋
発売日
2020-02-25
ISBN
9784163910581
amazonで購入する Kindle版を購入する

金足農業、燃ゆ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たいぱぱ

まさか読後、涙ぐむとは・・・。親目線なのか、コーチ・監督目線なのか、まさかの選手目線なのか。記憶にも新しい2018年夏の甲子園。旋風を巻き起こした金足農業のドキュメンタリーは、甲子園での戦いの合間に、吉田輝星らが入学した時からのエピソードが挿入される。昭和のスポ根モノみたいな練習に驚き、監督に歯向かい、エラーした選手を怒鳴り付けるワガママ吉田輝星に「騙されてた」と悟る(笑)。伝説のコーチ伊藤、なんだか頼りない監督、そして悪ガキ選手達の成長が産み出した奇跡。女子マネの本音に笑いながらも、ラストは涙しかない。

2020/05/08

ドリル

コロナウイルスの影響で夏の甲子園の中止が決まった。大好きで毎年現地観戦していたのでショックが大きい。仕方がなく過去の名勝負のYouTubeを見たいしている。記念すべき100回大会の主人公は間違いなく金足農業だった。勝ち上がって大会を盛り上げただけでなく、ドラマやマンガのようなキャラクターと試合展開だった。最後はラスボス大阪桐蔭に敗れてしまったが…その試合は現地観戦した。読んでいて約2年前の記憶が蘇って来た。心が熱くなることが出来たし、面白かった。また、甲子園に戻って来て旋風を起こしてもらいたい。(★★★)

2020/06/05

tetsubun1000mg

作者の中村さんの本は何冊か読んだが、とにかく選手・監督・コーチ・部長・校長・OB・他行のライバル達と幅広く取材している。 時間をかけて人間関係を作っているのだろう。 選手たちのふざけたやり取り、「ドンマイ」はありえい「バカヤロー」「何やってんだ」と罵声を浴びせる普段の様子も伝わってくる。 きっと取材相手の話をじっくりとよく聞いたうえで、中村さん自身を信頼して本音を引き出していると思う。 女子マネが言う「自信しかない」地方の野球バカの集まった高校野球チームでの、2018年の奇跡の過程を見ることができる。

2020/08/29

reo

2018年8月18日(土)高校野球準々決勝第4試合、近江高校対金足農業。試合は4回表近江が先取点をあげる。近江は5回から2年生のサウスボー林にスイッチする。金足は林の立ち上がりを攻め、スクイズで同点へ。6回表近江は1死3塁、バッターは4番北村、吉田輝星の投げた6球目を詰まりなから三遊間を抜き2-1に。その後両投手の力投で9回裏、金足はヒット、ヒット、フォアボールでノーアウト満塁。左打席には9番斉藤、林が投じた3球目スクイズ❗サードは本塁は無理とみてファーストへ。その間、二人目のランナーが本塁突入❗セーフ❗

2020/05/12

珍田 浩平

【旋風ふたたび】 全ページ面白い。大げさかも知れませんが、そう感じてしまうほどのめり込みました。読み終えないと寝られない、、早々そうも思いました。数百冊に一度のうれしい出会いです。「金足農旋風」ともいわれ盛り上がった一昨年の夏の甲子園。素材良し、作者良し、筋書き、ドラマチック。現代野球への大きなアンチテーゼもあり、野球好きにはおすすめ。高校野球が好きなら尚おすすめ。それでいて秋田県民なら教典になりそうな一冊です。

2020/03/07

感想・レビューをもっと見る