読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉

日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉

日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉

作家
池上彰
出版社
文藝春秋
発売日
2019-11-13
ISBN
9784163910611
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡本

ビッグネームがずらりと並ぶ中、興味のある人の名も多かったので購入。12人とも綺麗な面だけでは無く、功罪併せ持つ各界の著名人達。存命の方々も取り上げており、彼らの死後にどういった評価が成されるのか楽しみ。タイトルにもある通りに池上さんの講演が基になっており、あとがきでも書いてるけど、触れづらい面々を取り上げる時の緊張感が凄かったんだろうなと。

2020/02/24

mintia

12人の人物の善悪が書かれてあり、読み応えがあった。ただし、石原慎太郎については悪い点しか見当たらなかった。

2020/03/14

gtn

ダイジェスト的な人物評であっても、本質を突いていれば問題ないが、本書は世評のみ捉えた皮相的な見方が目立つ。さしあたって、著者の「夜間授業」を受講する必要は感じない。

2020/05/10

じんべえざめ

江副浩正や堤清二など、その功罪を詳しくは知らない人物にも、スポットが当てられていて、とても勉強になった。改めて池上彰の取材力と知識の幅には感嘆させられた。このような夜間授業がもしも今後開催されることがあるならば、ぜひ参加したい。日本の戦後を知るための12人。選び方が秀逸だ。皆さんは誰を選びますか?

2020/05/17

hk

本書を通底しているテーマは「戦後日本に挑んだ人物」。これは面白い試みですね。田原総一朗さんも最近よく似た趣旨の書籍を上梓されていましたが、双方を読み比べると視座をより豊富にできること請け合いです。特にリクルート創業者である江副氏に対する評価は御両人ともすこぶる高い。田原さんに至っては「江副の何が悪いんだか、さっぱりわからない」と言い放って税務調査に入られた程の江副好事家です(笑) さて本書。小泉純一郎が最初の選挙で特定郵便局村の支持を得られず落選し、それを根に持って郵政民営化を…など読みどころ満載です。

2020/02/03

感想・レビューをもっと見る