読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

昭和天皇の声

昭和天皇の声

昭和天皇の声

作家
中路啓太
出版社
文藝春秋
発売日
2019-08-08
ISBN
9784163910710
amazonで購入する Kindle版を購入する

昭和天皇の声 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

昭和天皇がかかわった事件などを中心とした話が5つ収められています。実際にあった話なのですがノンフィクションではなく昭和天皇の人間的な場面を中心とした物語なのでしょう。ただこの五つのはなしにはその当時の多くの人々が登場して臨場感があるような感じで語られています。戦争に対する天皇の気持ちがよく描かれていると感じました。

2020/02/13

昭和の史実を基にした短編集。二・二六事件や戦争に関わった政治家や軍人のドラマ。読む前は重たい雰囲気かと思っていたらホロッとくる暖かみのある話でした。

2019/08/26

デコ

「天皇であることは、自分の宿命だと思っている」と深い諦念に裏打ちされた覚悟とい文を天皇に単独インタビューをしたニューズウィーク東京支局長バーナード・クリッシャーは記事に載せています。唯一無二の絶対的存在という孤独を感じさせる短編集。そして昭和という激動の時代も切り取っています。

2019/11/08

newman

読み終えて天皇のことを有り難い存在と思いました。天皇を有り難い存在と思うことは、卑しい血もあると認めることと同じではないか、だから天皇を有り難い存在とは考えないとずっとしてきた私が。まだ、完全に納得できたわけではないのですが、戦前の天皇は専制君主ではなく立憲君主だったこと、だから天皇親臨の御前会議は通常、出席者たちが事前に協議を遂げたものに、天皇が形式的に裁可を与える場に過ぎなかったことも知りました。5つの話から昭和天皇の人となりと昭和という時代が良く分かるように描けているなぁと感心しました。

2019/11/28

パーやん

本当かも知れないし、ガセかも知れない。何しろ根拠がないから...。だが真実だと信じたくなるリアルな内容。最後の元老西園寺公望の立憲君主制への想いや終戦を実現した鈴木貫太郎の立派な姿勢に頭がさがる。昭和天皇の天皇制に対する理解・役割認識やニューズウィーク誌クリッシャーとのインタビューは広く知って貰いたいです。

2019/10/08

感想・レビューをもっと見る