読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プルースト効果の実験と結果

プルースト効果の実験と結果

プルースト効果の実験と結果

作家
佐々木 愛
出版社
文藝春秋
発売日
2019-09-12
ISBN
9784163910901
amazonで購入する Kindle版を購入する

プルースト効果の実験と結果 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

あら~ちょっとイイ感じな作品と出会いました。記憶の何処かに置いてきた感覚が蘇ります。どこがどうとは言えないもどかしさ。タイトル作含む短編4話。どれも若さと言う感情のほとばしり。けれど、あざとく前面に押し出さないのが好い。香りの思い出はあると思います。初恋はレモンの味と誰かが言ったようですが、私は若草の香りで思い出す頃があります。若かったなぁ(笑)恋と友情と持て余す自分の気持ち。苦い思いやほろずっぱさ、胸の奥が熱くなったりした頃。今は随分遠くまで来ちゃった感じです。

2019/10/09

ベイマックス

図書館本。4作品の短編集。「オール読物新人賞」受賞作品を含む初の単行本とのこと。デビュー作なんだね。重くもなく、そういうこともあるよねとか、そうなるかって感じで、伏線というか使った言葉をうまく回しているし読みやすかったです。ただ、重くないってのは良くも悪くもあり、もう少し、登場人物の(せめて主人公)心理描写を深くするといいかな。

2020/09/19

ひらちゃん

なんとも言いようのないこの感情に、心を揺さぶられるのが嬉しい。男の子であれ女の子であれ、あの頃は共感し合ったり憧れたり。少し変わった子をリスペクトしたりしていたなあ。随分過去になってしまったけど、大事な出会いも沢山あった事、思い出させてくれました。最後の短編「ひどい句点」もよく分かる。どうして近づいてはいけない人に、いつの間にか惹かれるのか。永遠のテーマです。一つずつ大人になるんだよね。経験しながら。その途中が一番いい時なのは後になってからしか分からないのにね。

2020/01/16

ぶんこ

青春そのものの揺れ動きが描かれていて、するっと読めました。もっと若い頃(女子高、女子大生)に読んだら共感できたのかと思うと少し今に自分の年齢が残念。「楽譜が読めない」の「くるぱー」がよかった。暗示にかけることは私が実証済みだからか、頑張れとエールをかけたくなりました。

2020/02/17

カノコ

「オール讀物」新人賞受賞作を含む短編集。思春期特有の、ひりついて乱暴で危うい衝動と嘘を繊細な筆致で描いた短編集。あこがれの同級生、きれいな女友だち、気になる男の子。学校という空間で特別だった何もかもを、たけのこの里やパンダの交尾といった一風変わったモチーフと共に詰め込んだ新しさと瑞々しさが、とてもいい。特に、学年の人気者グループに一人混じる格好良くない男の子「くるぱー」と、その観察者たる「わたし」を描いた「楽譜が読めない」がとても好き。作中に登場するある呪文が、わたしの心にも効いて思わず涙がにじんだ。

2019/11/17

感想・レビューをもっと見る