読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

裸一貫! つづ井さん 1

裸一貫! つづ井さん 1

裸一貫! つづ井さん 1

作家
つづ井
出版社
文藝春秋
発売日
2019-09-11
ISBN
9784163910932
amazonで購入する Kindle版を購入する

「裸一貫! つづ井さん 1」のおすすめレビュー

「毎日生きるのがたのしい~!!!」おひとりさまオタクの日々を描いた、つづ井さんの新シリーズが始動!

『裸一貫!つづ井さん』(つづ井/文藝春秋)

 社会人になってから、仕事の予定が入っていたり、相手が結婚してしまったり、そういう大人の事情で友達と遊ぶ機会が減ってしまった。学生時代は毎日のように放送されたアニメの感想を言い合い、好きな漫画をお勧めし合い、同人誌即売会に連れ立って効率よく目当てのものが買えるように作戦を練ったりしていた日々が時折懐かしくなる。

 そんな「大人になってからオタクライフから遠のいてしまった」人たちにとって、エモさもあり、共感もあり、少しばかりうらやましくなってしまう作品が発売された。

「腐女子のつづ井さん」シリーズで大ヒットしたつづ井さんの最新作『裸一貫!つづ井さん』(文藝春秋)である。前作に引き続き、自身の日常を絵日記として描いた新シリーズ。今回は、それまでの強火のオタクっぷりを引き継ぎつつも、よりオタク友達との日々にもフォーカスして描かれている。

 登場人物は、同様に、Mちゃん、オカザキさん、橘、ゾフ田の4人。

 それぞれに好きなものは違うものの、熱量の高いオタクであることは共通しており、自分の好きなものをプレゼンし合ったり…

2019/10/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「裸一貫! つづ井さん 1」の関連記事

非公開: 酔うと前髪を切りたくなるつづ井さんと何でも快諾する友人・Mちゃん。それは最悪の化学反応! /裸一貫! つづ井さん⑱

ボーイズラブ好きな腐女子のつづ井さん。家族に年頃の娘として、結婚を心配されることもあるけれど…趣味にハマっている友達に囲まれながら、今日も人生楽しんでます! つづ井さんの前髪がヘン!? 酔った勢いが巻き起こす、最悪のケミストリーがここに!

続きは本書でお楽しみください。

2020/9/13

全文を読む

非公開: 「推しさん、ちょっと出っ歯かな」友人の言葉になぜか照れるつづ井さん。なんて聞こえたの?/裸一貫! つづ井さん⑰

ボーイズラブ好きな腐女子のつづ井さん。家族に年頃の娘として、結婚を心配されることもあるけれど…趣味にハマっている友達に囲まれながら、今日も人生楽しんでます!「出っ歯」が何に聞こえたのか? 勘違いからつづ井さんが気づいたことは…。

<第18回に続く>

2020/9/12

全文を読む

関連記事をもっと見る

裸一貫! つづ井さん 1 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

最近、文庫版が出て気になっていた作者の単行本コミックが図書館に所蔵されていて思わず、借りる。楽しいオタクライフ。夜の公園での気づきが衝撃過ぎて心臓に悪い。そこからの気まずさ、罪悪感と羞恥のミックスを経ての結論に腹筋の笑いのダムが崩壊。結局、遊ぶんかーいッ!後、お風呂に入るのって結構、面倒よね…。その事で拍手が貰えるという空間にホッコリしました。個人的に「喉は渇いたけど、心の渇きは完全に潤ったわ…」と20代後半の「ぴっぴろぴ〜」に共感。そして自分の萌えを語りたすぎて大きな変化を後回しも良く、あります(笑)

2020/06/19

あっか

腐女子のつづ井さん文庫版が良すぎて続編?のこちらも。あー面白かった!特にゾフ田さんのハッピーアンバースデーの会は、つづ井さん&オカザキさんの時のギャップ、そして熱すぎる3人と冷静すぎるゾフ田さん(いや良く考えたらこれが一般的な反応w)とのギャップでお腹抱えて笑いましたw今巻はつづ井さんの「情報がなさ過ぎる推しの話」が多め。昔で言う茨道か…(母数が少ないカプ推しを表す言葉だけど)このシリーズ大好きなんだけど、腐女子やオタク要素のない人(夫とか)には面白さが真髄までイマイチ分かり切って貰えなくてもどかしいー!

2020/08/16

かのこ

この世界観なんかクセになる…。前世からの友たちとの絡みやっぱ面白い~~!オタクの本気が炸裂する各々の誕生日の全力サプライズ最高だなあ。友は一生の宝。何かを愛でたい慈しみたい気持ちを昇華する先、つづ井さんの発想天才じゃないか?わたしはガーデニングをしても必ず枯らすタイプだろうからつづ井さんのアイディアを拝借したい…

2020/09/08

雷華

つづ井さん新シリーズスタート。友人たちとの狂喜も滲むやり取りと友情の濃さに少し羨ましさを感じつつ陰属性の自分には無理だな…と。しかし…ここまでプロフィールが不明な方とはいったい…

2019/09/27

akihiko810/アカウント移行中

「腐女子のつづ井さん」新シリーズ。人生を謳歌しまくっている腐女子の生態を描くエッセイマンガ。印象度A+  「つづ井さんと前世からの友達」たちに会えてとても楽しかった。相変わらず、男気なしで女友達同士で知恵を絞って人生を謳歌しまくっていてうらやましすぎる。やはり「推し」がいることは人生に潤いと輝きを与えるのだなぁ。「合コン行っても、仲間と過ごすときの方が楽しいから、のめりこめない」という一言が重い。同性の友人が充実してる方が楽しいよなぁ、やっぱ。

2020/11/28

感想・レビューをもっと見る